吉川版『三国志』の考察 第296話 「八陣展開(はちじんてんかい)」

【この記事をシェアする】

230年8月、渭水(いすい)を挟み司馬懿(しばい)ひきいる魏軍(ぎぐん)と諸葛亮(しょかつりょう)ひきいる蜀軍(しょくぐん)が射戦を交えたあと、ふたりは陣頭で相まみえ、互いに陣法をもって優劣を競うことにする。

諸葛亮が司馬懿の敷いた陣形を「混元一気(こんげんいっき)の陣」と見極めると、司馬懿も諸葛亮の敷いた陣形を「八卦(はっけ)の陣」と見極める。そして、司馬懿は戴陵(たいりょう)・張虎(ちょうこ)・楽綝(がくりん)に打破の法を授け、実際に攻めかからせる。

第296話の展開とポイント

(01)祁山(きざん) 諸葛亮(しょかつりょう)の本営

魏(ぎ)は渭水(いすい)を前に、蜀(しょく)は祁山を後ろに、対陣のまま(蜀の建興〈けんこう〉8〈230〉年の)秋に入った。

ある日、諸葛亮は敵のほうを眺めてつぶやく。

「曹真(そうしん)の病は重体とみえる……」

斜谷(やこく)から敗退した後、魏の大都督(だいととく)の曹真が病にこもるとの風説は、かねて伝わっていた。

どうしてその重体がわかりますか、と傍らの者が聞くと、諸葛亮はこう答えた。

「軽ければ長安(ちょうあん)まで帰るはずである。今なお渭水の陣中に留まっているのは、その病が甚だ重く、また士気に影響するところを恐れ、敵味方に秘しているからだろう」

諸葛亮はこうも言い、曹真あての戦書をしたため、軍使を遣って送りつける。その辞句はすこぶる激越なものだったという。

「予の考えが的中していれば、おそらく彼は10日のうちに死ぬだろう。試みにそれを問うてみよう」

井波版『三国志演義』(第100回)では、諸葛亮は魏の秦良(しんりょう)配下の降卒たちを釈放するにあたり、曹真あての手紙を届けるよう命じていた。

果たして明答がない。梨(ナシ)の礫(つぶて)だった。

それからわずか7日後、黒布に包まれた柩車(きゅうしゃ)と白い旗や幡(はん。幟〈のぼり〉)を立てた寂しい兵列が、哀愁に満ちた騎馬の一隊に護られ、密かに長安のほうへ流れていったという知らせが、物見の者から蜀の陣に聞こえる。

諸葛亮は、曹真の死を明言したうえ諸軍を戒めた。

「やがて今までにない猛烈な軍容をもって、魏が攻撃を取ってくるに違いない。ゆめゆめ油断あるな」

(02)洛陽(らくよう)

魏の中ではこのような言が行われていた。諸葛亮が書をもって曹真を筆殺した、というのである。事実、重病だった曹真は、彼の戦書を一読した刹那(せつな)から極度に興奮して危篤に陥り、まもなく果てたものだった。

史実の曹真は、(魏の)太和(たいわ)5(231)年3月に洛陽で死去している。これを吉川版『三国志』や『演義』(第100回)では、曹真が陣中で憤死したように描いているため、このあたりの時間的な経過がつかみにくくなっていると思う。

これが宮中に聞こえるや、曹叡(そうえい)とその門葉の激高はただならぬものがある。蜀に対する敵愾心(てきがいしん)は、延(ひ)いて司馬懿(しばい)への激励鞭撻(べんたつ)となった。一日も早くこの恨みに報いよと、朝命は続々と陣へ下る。

(03)祁山 諸葛亮の本営

諸葛亮のもとに、司馬懿から先の戦書への返答が届く。

「曹真亡けれど司馬懿あり。軍葬のこと昨日に終わる。明日は出でて心ゆくまで会戦せん」

諸葛亮は一読後、莞爾(かんじ)として、「お待ちする。よろしく」とのみ口上で答える。返書は書かず、言づてだけで軍使を帰した。

(04)渭水

時は(魏の太和4〈230〉年の)秋8月、両軍はこの大天地に展陣した。渭水を挟んで射戦を交え、やがて両々鼓角を鳴らして迫り合うや、門旗を開いて司馬懿を中心に諸将一団となり、水のほとりまで進んでくる。

時を同じくして諸葛亮も蜀軍を分け、四輪車を進めて羽扇を握り、その姿を近々と敵に見せていた。

陣頭で言葉を交わした諸葛亮と司馬懿。まずは陣法をもって戦うことにする。先に司馬懿が一陣を敷いてみせるが、諸葛亮は「混元一気(こんげんいっき)の陣」と見極める。続いて諸葛亮も一陣を敷くと、司馬懿は「八卦(はっけ)の陣」と見極める。

諸葛亮から実際に陣を破ってみるよう言われると、司馬懿は戴陵(たいりょう)・張虎(ちょうこ)・楽綝(がくりん)を差し招き、打破の法を授けた。

「いま孔明(こうめい。諸葛亮のあざな)が敷いた陣には八門がある。名付けて、『休(きゅう)』『生(せい)』『傷(しょう)』『杜(と)』『景(けい)』『死(し)』『驚(きょう)』『開(かい)』の八部とし、うち『開』『休』『生』の三門は吉。『傷』『杜』『景』『死』『驚』の五門は凶としてある」

「すなわち東のほうの『生門』、西南の『休門』、北の『開門』。こう三面より討って入ればこの陣は必ず敗れ、味方の大勝を顕すものとなる。構えて惑わず、法の通りに打ってかかれ」

井波版『三国志演義』(第100回)では、まず真東の「生」の門から攻め入って、西南の「休」の門から飛び出し、もう一度真北の「開」の門から突入すれば、この陣は打ち破ることができるとあった。

魏の三軍は一斉に鼓を鳴らして鉦(かね)を励まし、八陣の吉門を選んで猛攻を開始した。

井波版『三国志演義』(第100回)では、戴陵・張虎・楽綝が、それぞれ30騎ずつをひきいて「生」の門から突入したとある。

けれど、諸葛亮の一扇一扇は不思議な変化を八門の陣に呼び、攻めても攻めても連城の壁を巡るがごとく、その内陣へ突き入る隙(すき)が見いだせない。

このうち魏軍は重々畳々と諸所に分裂を来し、戴陵や楽綝ほか60騎は、挺身(ていしん)し蜀の中軍へ突入していたものの、あたかも旋風の中へ飛び込んでしまったように、惨霧濛々(もうもう)と度を失う。

ここかしこに射立てられ、叫喚する味方の騒乱を感ずるだけで少しも統一が取れない。のみならず気がついたときには、彼らは完全に捕虜となっていた。重囲を圧縮され、武装解除を受くるの地位に立っていたのである。

諸葛亮は車から一眄(いちべん)して言う。

「これは当然の結果で別に奇妙とするにも足らん。解き放し魏軍へ追い返してやれ。汝(なんじ)らは司馬懿によく申し伝えよ。『かかる拙なる戦法をもって、安(いずく)んぞわが八陣を破り得べき。もう少し兵書を読み、身に学問を加えよ』と」

戴陵や楽綝たちは恥じ入り、諸葛亮の姿を仰げなかった。

また、諸葛亮はこうも言う。

「すでにひとりでもわが陣内を踏みにじったことは無興である。生命を取るのも大人げないが、ただこのまま返すのも戒めとならぬ」

「擒(とりこ)ども60余人の太刀や物の具を剝ぎ取って赤裸となし、顔に墨を塗り、陣前より囃(はや)しては追い、囃しては返すべし」

司馬懿はこれを眺め、烈火のごとく怒った。戴陵や楽綝らに加えられた辱めは、言うまでもなく自分への嘲弄(ちょうろう)である。

司馬懿は自ら剣を抜くと、左右の100余騎の大将を督して麾下(きか)数万の兵力を一手に併せ、大山のおめき崩るるごとく蜀軍へ向かって総攻撃の勢いに出た。

ところが、このとき図らざる後方から、味方の軍とも思われぬ盛んな喚声と攻め鼓を聞く。振り返ってみると、砂雲漠々としてこなたに迫る二大隊がある。

司馬懿は絶叫してにわかに指揮を変えたが、すでに迅雷は魏軍の後方を撃っていた。いつの間にか迂回(うかい)していた、蜀の姜維(きょうい)と関興(かんこう)の二将がおめき込んできたのである。

管理人「かぶらがわ」より

諸葛亮の「八卦の陣」を打破できず、思わぬ奇襲まで受けてしまった司馬懿。ここでは、曹真の死が魏軍を奮い立たせたような話になっていました。本文中でも触れましたが、史実の曹真は魏の太和5(231)年に洛陽で病死しています。

この曹真の死を、諸葛亮が送ったという戦書と絡めることで、より劇的に見せているのでしょうね。ただ(正史の)『三国志』における曹真は、こういうダメっぽい人物ではないですよ。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】