吉川『三国志』の考察 第075話 「破瓶(はへい)」

曹操(そうそう)配下の郭嘉(かくか)の献策による水攻めに遭い、下邳(かひ)城内の呂布軍(りょふぐん)は日ごとに動揺の色を濃くする。

そのうち暴酒にふけるようになった呂布は、ある朝、鏡の中に見た己の姿に衝撃を受け、すぐさま全軍に禁酒令を出す。ところが――。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第075話の展開とポイント

(01)下邳(かひ)

最後の一計が空しく半途に終わり、それ以来、呂布(りょふ)は城にあって悶々(もんもん)と酒ばかり飲んでいた。

だが、下邳を包囲し60余日を経ていた曹操(そうそう)にも後方に憂いがあり、すでに冬期に入って凍死する兵馬が数知れなかった。

(02)下邳の城外 曹操の本営

そのころ曹操のもとに早打ちが着き、河内(かだい)の張楊(ちょうよう)が呂布を援けんと称して兵を動かしたことが伝わる。

ところが張楊は心変わりした配下の楊醜(ようしゅう)に殺され、その軍勢が奪い取られ大混乱が起こったということで、眭固(けいこ)という者が張楊の仇(あだ)だと言って楊醜を殺し、軍勢をひきいて犬山(けんざん)方面まで動いてきたとのことだった。

曹操は史渙(しかん)を犬山へ向かわせ、眭固を討ち取るよう命ずる。

このあと曹操が許都(きょと)を取り巻く敵に思いを巡らせていた。ただ、都の北に西涼(せいりょう)の憂いがある、というのはいいとしても、「東には劉表(りゅうひょう)」というのは解せない。

ここでは「東には劉表、西には張繡(ちょうしゅう)」と続けていたので、字面の都合なのかもしれないが――。劉表も張繡と同様、許都から見れば西(というか南西)に位置しているはず。

思い余った曹操は諸将を集めて弱音を吐き、軍勢を帰すと言いだす。しかし荀攸(じゅんゆう)は声を励まして諫め、退くことの不利を説く。

さらに郭嘉(かくか)が、泗水(しすい)と沂水(ぎすい)に堰(せき)を作り、両水をひとつにして水攻めにするという策を献ずる。

2万の人夫に兵士を督し、ふたつの河をひとつに集めたところ、ちょうど暖日の雨も続いたため、たちまち下邳は濁流に浸された。

(03)下邳

2尺(せき)、4尺、7尺と、夜が明けるたびに水かさは増していく。城中の兵は生きた空もなく、次第に居所を狭められる。

呂布はうろたえる部将たちにわざと強がって見せたが、頼みなき大雪風を頼んで日夜暴酒にふけっていた。ふと宿酔(ふつかよい)から醒(さ)めた呂布。鏡の中に見た自分の老けた姿に嘆声を漏らす。

酒の毒だと思い、たちまち禁酒。同時に城中の将士に対してまで飲酒を厳禁し、酒犯の者は首を刎(は)ねるという法令を出した。

このころ、侯成(こうせい)の馬15頭が一夜にいなくなるという事件が起こる。調べによって馬飼いの士卒の仕業(しわざ)だったことがわかり、侯成は彼らを追いかけ、皆殺しにして馬を取り返した。

ほかの部将たちは侯成を賀し合い、「奢(おご)るべし、祝うべし」と囃(はや)す。

折ふし、城中の山から猪(イノコ)を十数頭狩ってきた者があったので、酒倉を開き猪を料理し、「今日は大いに飲もう」となった。

そこで侯成は酒5瓶(かめ)と肥えた1頭の猪を部下に担がせ、呂布のところにやってくる。

『三国志演義(2)』(井波律子〈いなみ・りつこ〉訳 ちくま文庫)(第19回)では酒のことは見えるが、猪のことは見えない。

そして、不埒者(ふらちもの)の成敗と馬を取り返したことを報告し、諸将とともに祝宴を開いていると伝えた。

すると呂布は急に怒りだし、酒瓶を蹴(け)倒す。さらに禁酒の法を破ったことを責め、左右の武士に侯成を斬れと罵った。

これを聞いた諸将が口を極めて命乞いをしたため、呂布は命こそ助けたが、百杖(ひゃくじょう)を打って見せしめにするよう命ずる。

井波『三国志演義(2)』(第19回)では、呂布は最初に棒打ち100回を命じたが、諸将の哀訴により棒打ち50回に処している。

鞭(むち)打ちが70回を超えたころ、侯成はひと声うめいて悶絶(もんぜつ)。それを見た呂布が閣の奥に去ると、諸将は武士に目くばせし回数を飛ばして数えさせた。

やがて一室で目を覚ました侯成は、友人の魏続(ぎぞく)と宋憲(そうけん)しかいないのを見て不満を語る。ふたりも同じ思いを抱いており、3人で曹操に降ることを決意。

侯成は重傷の身を起こして身支度を整えると、四更(しこう。午前2時前後)のころ呂布の厩舎(うまや)に忍び入り、赤兎馬(せきとば)を盗んで城外へ脱出する。

管理人「かぶらがわ」より

酒の毒に冒され、すっかり老けた自分の顔を見て衝撃を受ける呂布。自身の禁酒はいいと思うのですけど、これをみなにも強制するというのは……。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
吉川『三国志』 (04) 臣道の巻
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました