吉川版『三国志』の考察 第265話 「孟獲(もうかく)」

進軍を続ける蜀軍(しょくぐん)に対し、ついに孟獲自身も王平(おうへい)の部隊と遭遇して一戦に及ぶ。

兵法を知る蜀軍を相手に、南蛮勢(なんばんぜい)は組織的な反撃ができないまま四散。錦帯山(きんたいざん)へ逃げた孟獲も、趙雲(ちょううん)の手で難なく捕らえられてしまう。

第265話の展開とポイント

(01)反撃に出る孟獲(もうかく)

南蛮国(なんばんこく)における「洞(どう)」は寨(とりで)の意味であり、「洞の元帥」とはその群主をいう。

いま国王の孟獲は、部下の三洞の元帥がみな諸葛亮(しょかつりょう)に生け捕られ、その軍勢も大半は討たれたと聞き、俄然(がぜん)、形相を変えた。この孟獲という者の勢威と地位とは、南方の蛮界の内では最も強大なものらしい。

彼がひきいてきた直属の軍隊はいわゆる蛮社(蛮国?)の黒い猛者どもだが、弓馬剣槍(けんそう)を輝かせ、怪奇な物の具を身に着け、赤幡(せきばん。赤色の幟〈のぼり〉)や紅旗をなびかせて、なかなか中国の軍勢にも劣らぬ装備を持っていた。

これが端なくも、蜀(しょく)の王平(おうへい)の先陣と烈日の下に行き会う。孟獲は王平の声に応じて進み出ると、部下の忙牙長(ぼうがちょう)を差し向ける。彼が乗っていたのは馬ではなく、大きな角のある水牛だった。

忙牙長は王平と5、6合(ごう)戦ったが、尋常な剣技では比較にならず、たちまち追い立てられた。部下の血を見た孟獲は本来の蛮人性を現し、おめきざま跳びかかる。王平は偽って逃げ出した。

捲毛(ちぢれげ)の赤馬に旋風を立てながら、孟獲は王平を追いかける。すると頃合いを眺めていた関索(かんさく)の一軍が突出し後方を中断した。また張翼(ちょうよく)は右から、張嶷(ちょうぎ)は左から、それぞれ蛮軍を覆い包む。

無知の軍と兵法のある軍との優劣はあまりにも明らかな結果を現した。寸断された蛮軍は、蜂(ハチ)の巣を叩(たた)かれたように混騒し、逃げる方角すら一定のものを持たない。

(02)錦帯山(きんたいざん)

狼狽(ろうばい)した孟獲は急に一方の囲みを破り、錦帯山のほうへと走った。

参考文献に挙げた『三国志演義大事典(さんごくしえんぎだいじてん)』によると、「『錦帯山』は山の名。益州(えきしゅう)南部に属す。後漢(ごかん)・三国時代にはこの地名はなかった」という。

だがそこの谷間にかかると、谷の中から金鼓や銅鑼(どら)の音がする。道を変え峰へ登りかけると、岩や木の陰から蜀の勇卒が鼓を打ちながら攻めてきた。この中に趙雲(ちょううん)がいた。

孟獲は肝を消し、渓流を跳んで沢を駆けながら逃げ回ったが、すでに四山は蜀兵の鉄桶(てっとう)と化し、逃れるべくもないありさま。馬を捨て渓流のそばへ寄る。

身をかがめ水を飲もうとすると、四方から鬨(とき)の声と金鼓がこだまして鳴り響く。孟獲は木の根や岩角にしがみつき、道なき所を越え始める。そして、峰の上に出てホッとひと息ついているところを、趙雲の手により難なく捕らえられてしまった。

ここで「孟獲一擒(いっきん)」。

(03)諸葛亮の本営

縄目も、ただの縄を掛けたのではぷつぷつ切ってしまうし、暴れる吠(ほ)えるでほとんど手が付けられない。

そこで革紐(かわひも)をもって厳しく縛め、屈強な力士が十重二十重に囲み、諸葛亮の本陣まで引っ立てていった。それでも陣内へ押し込むときにもひと暴れし、3、4人の兵が蹴(け)殺された。

本営の裏では、先に俘虜(ふりょ)とした多数の蛮兵が真っ黒に固まっている。諸葛亮はここへ来て彼らに戒諭を与えていた。

「汝(なんじ)らといえど虫獣(むしけだもの)ではあるまい。父母もあろう妻子もあろう。生け捕られたと聞いたらそれらの者は血を流して悲泣するであろうに、なぜ無益にその生命を争って捨てに来るのか? 再び孟獲のごとき凶悪を助け、あたら生命を捨てるではないぞ」

もちろん全員を解き放す考えである。のみならず、酒を飲ませて糧を与え、負傷者には薬治をしたうえで追い放した。無知な土蛮の者といえども、その恩にはみな感ずる。いや、中国の兵よりも正直に感銘して、振り返り振り返り立ち去った。

諸葛亮が一房へ戻ると、ちょうど武士たちが孟獲を引っ立ててくる。諸葛亮は少し揶揄(やゆ)をもてあそびながら、温容和やかに尋問した。

だが、孟獲はまったく服する様子を見せない。諸葛亮は孟獲の言うままに縄を解かせる。おもしろい。再び来て、ぜひ戦えと。

ここで「孟獲一放」。

出された酒をガブ飲みした後、営門の裏から送り出されると、孟獲は後も見ずにどこかへ消えていなくなった。

拳(こぶし)を握りながら見送っていた諸将は口をそろえ、不満と嘲笑(ちょうしょう)を半ばにして言い合う。

「わからぬ。丞相(じょうしょう。諸葛亮)のお心は、われらにはとんと合点がまいらぬ」

諸葛亮は笑って応えた。

「なんの。彼ごとき者を生け捕るのは、囊(ふくろ)の中から物を取り出すも同じことではないか」

管理人「かぶらがわ」より

ここで孟獲、一擒一放。この人はなぜか憎めないキャラクターなのですよね。それと忙牙長。馬ではなく水牛に乗って戦うって……。これは一騎討ちの時にかなり不利なのでは?

と思っていたら、井波版『三国志演義』(第87回)では忙牙長が乗っていたのは水牛ではなく「黄驃馬(こうひょうば。栗毛〈くりげ〉に白い斑点〈はんてん〉のある馬)」ということになっていました。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】