吉川『三国志』の考察 第119話 「邯鄲(かんたん)」

曹操(そうそう)の思惑どおり、袁紹(えんしょう)の遺子たちの間で対立が激化し、ついには袁譚(えんたん)が曹操に取り込まれてしまった。

袁尚(えんしょう)とともに鄴城(ぎょうじょう)を守っていた審配(しんぱい)は、曹操が運河まで築き大量の兵糧を運び入れる様子に不安を募らせ、袁尚にある献言を行う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第119話の展開とポイント

(01)平原(へいげん)

建安(けんあん)8(203)年の冬10月の風とともに、「曹操(そうそう)きたる」の声は西平(せいへい)のほうから枯れ野を掃いて聞こえてくる。

袁尚(えんしょう)は平原で兄の袁譚(えんたん)を包囲していたが、にわかに囲みを解き鄴城(ぎょうじょう)へ退却しだした。

これを見た袁譚は袁尚の後備えを追撃。殿軍(しんがり)の部将の呂曠(りょこう)と呂翔(りょしょう)をなだめて味方に手なずけ、降人として曹操の見参に入れる。

曹操は袁譚の武勇を褒め、その後、自分の娘を娶(めあわ)せた。

『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・武帝紀〈ぶていぎ〉)では「建安8(203)年10月、曹操が黎陽(れいよう)に到着し、息子の曹整(そうせい)のために袁譚の家と縁組みをした」とある。

この話だと、娶(めと)るのは袁譚の娘になるわけで、吉川『三国志』は設定を変えている。なお『三国志演義(2)』(井波律子〈いなみ・りつこ〉訳 ちくま文庫)(第32回)では、曹操が娘を袁譚に娶せる約束をしたくだりだけが出てきて、次の第33回でその約束が破棄されるという展開になっている。

すっかり喜悦している袁譚を郭図(かくと)が諫める。郭図は、曹操が呂曠や呂翔を「列侯(れっこう)」に封じてひどく優待しているのは、河北(かほく)の諸将を釣らんためだと言い、あなたに自分の娘を娶せたのも深い下心があればこそだと指摘。

袁譚は彼の勧めに従い、曹操に付いて黎陽へ引き揚げた呂曠と呂翔に、密かに将軍(しょうぐん)の印を届けさせる。

(02)黎陽

袁譚が作らせた将軍の印はほどなく呂曠と呂翔の手に届いた。ところが、すでに曹操に心服していたふたりはその旨を伝えてしまう。すぐに曹操は狙いを看破したが、この時から心密かに、いずれ長くは生かしておけぬ者と、袁譚への殺意を固める。

冬のうちは戦いもなく過ぎたが、曹操はこの期間に数万の人夫を動員。淇水(きすい)の流れを引き、白溝(はくこう)へ通ずる運河の開削を励ましていた。

翌建安9(204)年の春に運河は開通し、おびただしい数の兵糧船が水に従って下ってくる。その船に便乗し都(許都〈きょと〉)から許攸(きょゆう)もやってきた。

(03)鄴城

審配(しんぱい)は曹操が運河を造ったことを見て、その野望の大きさを察する。

そこで袁尚に献言し、武安(ぶあん。武安県長〈ぶあんけんちょう〉)の尹楷(いんかい)に檄(げき)を送って毛城(もうじょう)に兵を込めたうえ、(上党郡〈じょうとうぐん〉から)兵糧を呼び寄せた。

さらに沮授(そじゅ)の子の沮鵠(そこう)を大将とし、邯鄲(かんたん)の野に大布陣を敷かせる。一方で袁尚自身は審配を鄴城に残して本軍の精鋭をひきい、急に平原の袁譚へ攻めかけた。

(04)黎陽

袁譚から救援を乞うとの早打ちを受けると、曹操は会心の笑みを漏らす。鄴城へ出るよう曹洪(そうこう)に命じて一軍を急派し、自身は毛城を攻め尹楷を討ち取った。

(05)邯鄲

続いて曹操は邯鄲で大激戦を展開したが、沮鵠の大布陣もついに壊乱のほかはなかった。

(06)鄴城

曹操は先に包囲にかかっていた曹洪と合流。総掛かりに攻め立てること昼夜7日に及んだが陥せない。地下を掘り進み一門を突破しようとしたが、それも敵の知るところとなり、1800の兵が地底で生き埋めになってしまう。

井波『三国志演義(2)』(第32回)では、曹操が密かに地下道を掘らせたくだりに、もとは鄴城の東門を守っていて、後に曹操に投降した「馮礼(ふうれい)」という部将が絡んでいた。また、馮礼とともに土中で亡くなってしまったのは「300人の兵士」ということになっている。

曹操は攻めあぐみながらも、敵将の審配の防戦ぶりに感嘆した。だがこのとき審配は、前線遠く敗れ帰路を遮断されていた袁尚の軍勢を、怪我なく城中へ迎え入れるという難題にぶつかっていた。

袁尚の軍勢は陽平(ようへい)まで来て通路が開くのを待っていたが、その通路は城内から切り開かねばならない。

審配は主簿(しゅぼ)の李孚(りふ)の献策を容れ、城内にいた数万の女子どもや老人を追い立て、城門を開き一度に追い出す。続いて城兵も出たが、この計はすでに曹操に看破されており、諸所に伏せられた大軍によって完全にせん滅されてしまった。

曹操は逃げる城兵と一緒に城内へ入る。その際、兜(かぶと)の頂にふた筋まで矢を受け一度は落馬したが、すぐに馬に飛び乗って物ともせず、将士たちの先頭に立った。

しかし、審配は毅然として防御の采配を振るう。そのため外城の門は陥ちても内城の壁門は依然として堅く、曹操を嘆かせた。

(07)陽平

曹操は手を替え、一夜まったく兵の方向を転ずると、滏水(ふすい)の境にあった陽平の袁尚を攻める。

まず弁才の士を遣り、袁尚の先鋒たる馬延(ばえん)と張顗(ちょうぎ)を味方へ誘引。このふたりが裏切ったので袁尚はひとたまりもなく敗走した。

(08)濫口(らんこう。藍口)

袁尚が濫口まで退却し要害に布陣していると、四方から焼き打ちを受ける。ここで進退窮まり、ついに降伏して出た。

曹操はこれを快く許し、全軍の武装を解かせて1か所に留めておく。だがその晩、徐晃(じょこう)と張遼(ちょうりょう)を差し向け袁尚を殺害しようとする。

袁尚は間一髪の危機を辛くも逃れ、中山(ちゅうざん)方面へ逃げ走った。このとき印綬(いんじゅ。官印と組み紐〈ひも〉)や旗印まで捨てていったので、曹操軍の将士たちからよい笑い物にされた。

(09)鄴城

曹操は大挙して再び城攻めにかかる。今度は内城の周囲40里(り)にわたって漳河(しょうが)の水を引き、城中を水攻めにした。

井波『三国志演義(2)』(第32回)では、漳河の水を注ぎ込むよう献策したのは「許攸」。

先に袁譚の使いで来て曹操のもとに留まっていた辛毘(しんび。辛毗)は、袁尚が捨てていった衣服や印綬、旗印などを槍の先に揚げ、城中の人々に降伏を勧める。

辛毘が袁譚の使者を務めたことについては、前の第118話(09)を参照。

このあと辛毘は無念を晴らすため、審配の甥の審栄(しんえい)に矢文を送り、首尾よく内応の約を結ぶ。こうして、とうとう西門の一部を内から開かせることに成功した。

井波『三国志演義(2)』(第32回)では、もともと審栄が辛毗と親しかったとある。

冀州の本城はここに破れ、滔々(とうとう)と濁水を越え曹操軍が内城へ踏み入る。審配は最後まで善戦したが力尽きて捕らえられた。

曹操はその人物を惜しんで仕官を促したものの、きっぱりと断られる。審配は袁氏の廟地(びょうち)を拝したあと首を打たれた。

管理人「かぶらがわ」より

まったく連携を欠く袁譚と袁尚の兄弟。審配の奮戦も空しく、ついに鄴城は陥落してしまいました。ホント袁氏兄弟は対応が軽いというか、行き当たりばったりなのですよね……。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
吉川『三国志』 (5) 孔明の巻
このページをシェアする
かぶらがわをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました