曹真(そうしん)

【姓名】 曹真(そうしん) 【あざな】 子丹(したん)

【原籍】 沛国(はいこく)譙県(しょうけん)

【生没】 ?~231年(?歳)

【吉川】 第255話で初登場。
【演義】 第084回で初登場。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・曹真伝』あり。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

魏(ぎ)の曹操(そうそう)の族子(おい)、邵陵元侯(しょうりょうのげんこう)?

父は曹邵(そうしょう。秦伯南〈しんはくなん〉)だが、母は不詳。曹彬(そうひん)は弟。

息子の曹爽(そうそう)は跡継ぎ。曹羲(そうぎ)・曹訓(そうくん)・曹則(そうそく)・曹彦(そうげん)・曹皚(そうがい)も同じく息子。

まだ曹操が挙兵したばかりのころ、曹邵は徒党を募ったことで州郡の手の者に殺害された。曹操は幼くして孤児となった曹真を哀れみ、引き取って自分の息子たちと一緒に養育した。そのため曹真は曹丕(そうひ)と起居をともにすることになった。

あるとき曹真は狩猟に出かけた先で虎(トラ)に追いかけられ、この虎を弓で仕留めたことがあった。そのことから曹操に勇猛さを評価され、虎豹騎(こひょうき)をひきいることになった。

その後、曹操のもとで各地を転戦し、偏将軍(へんしょうぐん)、中堅将軍(ちゅうけんしょうぐん)、中領軍(ちゅうりょうぐん)などを歴任。

曹丕の時代(220~226年)に鎮西将軍(ちんぜいしょうぐん)、上軍大将軍(じょうぐんだいしょうぐん)、中軍大将軍(ちゅうぐんだいしょうぐん)などを務め、曹叡(そうえい)の時代(226~239年)には大将軍から大司馬(だいしば)に昇った。

231年3月に死去して元侯と諡(おくりな)され、息子の曹爽が跡を継いだ。

主な経歴

生年は不詳。

-?年-
この年、虎豹騎の隊長に任ぜられた。

-?年-
この年、霊丘(れいきゅう)の賊を討伐し霊寿亭侯(れいじゅていこう)に封ぜられた。

-218年-
この年、偏将軍として軍勢をひきい、下弁(かべん)で劉備(りゅうび)の別動隊を撃破し中堅将軍に任ぜられた。

9月、曹操に付き従って長安(ちょうあん)へ行き、中領軍を務めた。

-219年-
この年、夏侯淵(かこうえん)が陽平(ようへい)で劉備配下の黄忠(こうちゅう)と戦って戦死。曹真は曹操の命を受け、征蜀護軍(せいしょくごぐん)として徐晃(じょこう)らを指揮し、陽平で劉備配下の高詳(こうしょう)を撃破した。

3月、曹操は自ら漢中(かんちゅう)まで進み、諸軍を救い出す。曹真は武都(ぶと)で曹洪(そうこう)を出迎えたあと引き返し、陳倉(ちんそう)に駐屯。

-220年-
1月、曹操が崩御(ほうぎょ)。

2月、曹丕が魏王(ぎおう)を継ぐと、曹真は鎮西将軍・仮節(かせつ)・都督雍涼諸軍事(ととくようりょうしょぐんじ)に任ぜられ、東郷侯(とうきょうこう)に爵位が進む。

この年、張進(ちょうしん)らが酒泉(しゅせん)で謀反を起こす。曹真は費曜(ひよう)を討伐に遣わし張進らを斬らせた。

-222年-
この年、都(洛陽〈らくよう〉)へ帰還した際、上軍大将軍・都督中外諸軍事(ととくちゅうがいしょぐんじ)に任ぜられ、節(せつ。軍権を示す)と鉞(えつ。まさかり。軍権を示す)を貸し与えられた。

この年、夏侯尚(かこうしょう)らと孫権(そんけん)討伐に赴き、牛渚(ぎゅうしょ)の敵営を撃破。中軍大将軍に転じ給事中(きゅうじちゅう)を加官された。

-226年-
5月、病床の曹丕から陳羣(ちんぐん)や司馬懿(しばい)らとともに遺詔を託され、政治を補佐することになる。

この年、曹叡が帝位を継ぐと邵陵侯(しょうりょうこう)に爵位が進み、12月には大将軍に任ぜられた。

-228年-
この年、蜀(しょく)の諸葛亮(しょかつりょう)が祁山(きざん)を包囲すると、南安(なんあん)・天水(てんすい)・安定(あんてい)の3郡が魏に背き蜀に呼応した。

曹真は曹叡の命を受け、諸軍をひきいて郿(び)に陣を敷き、張郃(ちょうこう)を遣わし蜀の馬謖(ばしょく)を攻めさせ、これを大破した。

安定の楊条(ようじょう)らが官民を連れ去り、月支城(げっしじょう)に立てこもると、曹真自ら軍勢を進めて包囲する。楊条らはすぐに降伏し、背いた3郡も平定された。

曹真は、諸葛亮が次回は陳倉を通ると読み、郝昭(かくしょう)と王生(おうせい)を陳倉へ遣わし城壁を修築するようを命じた。

12月(翌年〈229年〉の春とも)、蜀の諸葛亮に陳倉が包囲されたものの、すでに備えが整っていたため撃退することができた。この功績が評価され、封邑(ほうゆう)の加増を受け2,900戸となった。

-230年-
2月、洛陽に参内して大司馬に任ぜられ、「剣を帯び、履(くつ)をはいたまま上殿し、宮中でも小走りをしなくてよい」という特別待遇を賜る。

7月、曹叡に複数の街道から一斉に蜀討伐に向かうことを進言して許しを得る。曹真が出発するときには曹叡自ら見送りに立った。

8月、長安を発ち、子午道(しごどう)を通って南下。一方、司馬懿は漢水(かんすい)をさかのぼり、南鄭(なんてい)で合流する手はずを整えた。さらに斜谷道(やこくどう)や武威(ぶい)方面から別の部隊も進攻。

ところが漢中一帯で長雨に遭い、この雨は30日以上も降り続いた。桟道には通行できなくなるものも出てきた。

9月、曹叡の詔を受けて全軍引き揚げ。

この年(翌231年に入ってからかも?)、病気のため洛陽に帰還した。

-231年-
3月に死去し元侯と諡された。

管理人「かぶらがわ」より

本伝の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く魚豢(ぎょかん)の『魏略(ぎりゃく)』によると、「曹真はもとの姓を『秦氏(しんし)』と言い、曹氏に養育された」ということです。

そのいきさつとして「ある人の説」を挙げ、「彼の父の伯南(秦伯南)は昔から曹操と親しかった。興平(こうへい)年間(194~195年)の末、袁術(えんじゅつ)の配下が曹操を攻めたとき、敵に追われた曹操は秦氏のところへ逃げ込んだ。伯南は曹操を迎え入れ、敵が曹操の居場所を尋ねた際、『私がそうだ』と答えて殺害された」と続き。「そのため曹操は伯南の手柄を感じ、姓を(秦氏から曹氏に)変えさせた」のだとか。

この件については、同じく王沈(おうしん)の『魏書』の記事も引かれており、「初平(しょへい)年間(190~193年)に曹操が義兵を起こすと、曹邵(秦邵。秦伯南のこと)は仲間を募り、曹操に付き従って活躍した。この当時、豫州刺史(よしゅうしし)の黄琬(こうえん)が曹操を殺害しようとした。曹操は難を逃れることができたものの、曹邵は殺害されてしまった」とありました。

本伝の記事とも比べると、それぞれ内容は違うのですが、「曹操が曹真の父に世話(しかも自分の命に関わること)になったことがあり、その恩に報いるため曹真を引き取り養育した」。この点は確度が高そうです。

『三国志』(魏書・文帝紀〈ぶんていぎ〉)の裴松之注に引く曹丕の『典論(てんろん)』に「205年の晩春、曹丕が曹真と鄴(ぎょう)の西へ狩猟に出かけた」という記事があります。かつて起居をともにしたくらいですから、曹丕と仲が良かったようですね。

また「曹叡が帝位を継いだあと、曹真の爵位が『邵陵侯』に進んだ」とあることについて、裴松之は曹真の父の名が邵であることに着目。「書写の誤りでなければ、息子の曹真が邵陵侯に封ぜられるわけがないこと」を指摘しています。

なるほど、確かにそうかも。ただ邵という字は「へん」にせよ「つくり」にせよ、少し変えたら別の字にもなりますよね。邵陵にしても○陵という地名はほかにも結構ありますし――。

そのほか、本伝には曹真の人柄を示す逸話も載せられており、「曹真は若いころから一族の曹遵(そうじゅん)、同郷の朱讚(しゅさん)とともに曹操に仕えていた。曹遵と朱讚が早くに亡くなったため、曹真は『私の封邑を分け、曹遵と朱讚の息子にお与えください』と曹叡に願い出て許された」のだとか。

で、「曹真は遠征先ではいつも将兵と苦労をともにし、恩賞が足らない場合は自分の財産から分け与えたので、みな心から彼の役に立ちたいと願った」のだということです。

『三国志』(魏書・斉王紀〈せいおうぎ〉)によると、243年7月に曹芳(そうほう)が詔(みことのり)を下し、曹操の霊廟(れいびょう)前の広場に祭らせた21人の筆頭に彼の名があります。

『三国志演義』では無能な将軍のように扱われていましたが、正史『三国志』の描かれ方とはだいぶ違いますね……。
「魏の曹氏」収録人物一覧
魏(ぎ)の曹操(そうそう)を中心とした一族の関連記事のリストです。こちらから各人の個別記事がご覧いただけます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
魏の曹氏 人物データ
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました