曹爽(そうそう)

【姓名】 曹爽(そうそう) 【あざな】 昭伯(しょうはく)

【原籍】 沛国(はいこく)譙県(しょうけん)

【生没】 ?~249年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 第106回で初登場。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・曹真伝(そうしんでん)』に付された「曹爽伝」あり。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

曹真の息子

父は曹真だが、母は不詳。曹羲(そうぎ)・曹訓(そうくん)・曹則(そうそく)・曹彦(そうげん)・曹皚(そうがい)は、みな弟。

曹爽は若いころ帝族として謹厳かつ重厚であったため、東宮(とうぐう)にいた曹叡(そうえい)から寵愛されていた。

226年に曹叡が帝位を継ぐと、散騎侍郎(さんきじろう)、城門校尉(じょうもんこうい)、武衛将軍(ぶえいしょうぐん)などを歴任。

231年3月に曹真が死去したため、その跡を継ぐ。

238年12月には病床の曹叡から大将軍(だいしょうぐん)に任ぜられ、節(せつ。軍権を示す)と鉞(えつ。まさかり。軍権を示す)を貸し与えられたうえ、都督中外諸軍事(ととくちゅうがいしょぐんじ)・録尚書事(ろくしょうしょじ)となった。

239年に曹芳(そうほう)が帝位を継ぐと、司馬懿(しばい)を太傅(たいふ)に祭り上げたうえ、自分の弟たちを要職に就けて実権を握った。

また、曹叡の時代(226~239年)に「うわべばかり華やかで内実に乏しい者」として退けられていた、何晏(かあん)・鄧颺(とうよう)・李勝(りしょう)、丁謐(ていひつ)・畢軌(ひっき)らを腹心として重用。こうした取り巻きと好き放題に振る舞い、数々の悪事を働いた。

244年には蜀(しょく)の討伐を試みるが、得るところなく帰還。

249年1月に司馬懿がクーデターを発動(正始〈せいし〉の政変)。結局は抵抗せず、弟や取り巻きともども大逆不道の罪で処刑され、その三族(父母・妻子・兄弟姉妹、異説もある)も皆殺しになる。

こののち嘉平(かへい)年間(249~254年)に功臣の家の祭祀を継がせることになり、曹真の族孫の曹熙(そうき)が新昌亭侯(しんしょうていこう)に封ぜられた。このとき曹熙は300戸を賜り、曹真の家の祭祀を奉ずることになった。

主な経歴

生年は不詳。

-226年-
この年、曹叡が帝位を継ぐと散騎侍郎に任ぜられた。のち昇進を重ねて城門校尉となり、散騎常侍(さんきじょうじ)を加官された。やがて武衛将軍に転ずるなど、とりわけ曹叡の寵遇を受けた。

-238年-
12月、病床の曹叡から部屋に招かれて大将軍に任ぜられ、節と鉞を貸し与えられたうえ都督中外諸軍事・録尚書事となる。

この裏には、曹叡の寵愛を受けていた中書監(ちゅうしょかん)の劉放(りゅうほう)と中書令(ちゅうしょれい)の孫資(そんし)による画策があった。ともあれ曹爽は太尉(たいい)の司馬懿とともに遺詔を受け、まだ幼い曹芳を補佐することになった。

-239年-
1月、曹芳が帝位を継ぐと侍中(じちゅう)を加官され、武安侯(ぶあんこう)に移封されて封邑(ほうゆう)1万2千戸を賜った。

さらに「剣を帯び、履(くつ)をはいたまま上殿し、宮中でも小走りをしなくてよく、謁見の取り次ぎの際に実名を呼ばれない」という特別待遇も賜った。

2月、丁謐の進言を容れて曹芳に上奏し、司馬懿を太傅に祭り上げる。その一方、自分の弟たちを要職に就ける。曹羲は中領軍(ちゅうりょうぐん)に、曹訓は武衛将軍に、曹彦は散騎常侍・侍講(じこう)に、それぞれ任ぜられ、ほかの弟もみな列侯(れっこう)に封ぜられて天子の侍従を務め、宮中に出入りし羽振りを利かせた。

-244年-
2月、鄧颺らの進言を容れ、曹芳から蜀討伐の詔(みことのり)を得る。司馬懿はこの動きを抑えることができなかった。

閏3月?、いったん長安(ちょうあん)に入り、6、7万の軍勢をひきいて駱谷(らくこく)から蜀に進入。このとき関中(かんちゅう)の民や氐族(ていぞく)・羌族(きょうぞく)は軍需物資の輸送を賄いきれず、多くの牛馬や騾馬(ラバ)・驢馬(ロバ)が死んでしまった。漢族(かんぞく)も異民族も、道中で大声を上げて泣き叫ぶというありさまだった。

駱谷に入って数百里(り)進むと、蜀の王平(おうへい)が山を利用して守りを固めていたため、それ以上は進軍できなくなった。参軍(さんぐん)の楊偉(ようい)から現状を説かれて帰還を勧められると、不快に思いながらもその意見に従い、5月には帰還。

-248年-
冬、李勝が荊州刺史(けいしゅうのしし)として赴任するにあたり、司馬懿のもとを訪ねる。このとき司馬懿は重病と称して衰えた姿を見せた。李勝は見抜くことができず、司馬懿は本当に重病なのだと思い込んだ。

-249年-
1月、曹芳が高平陵(こうへいりょう。曹叡の陵)に参詣した際、曹爽も弟たちとともに随行。

その隙を突き司馬懿がクーデターを発動。兵馬を指揮して武器庫を占拠したあと、城外に出て洛水(らくすい)の浮橋の辺りに駐屯。曹芳に曹爽の罪状を上奏する。曹爽は司馬懿の上奏文を受け取ったものの曹芳には見せず、ここで進退窮まる。

大司農(だいしのう)の桓範(かんはん)が詔だと偽り、平昌門(へいしょうもん)を開かせて城外に出、曹爽のもとへと駆けつける。桓範から「天子(てんし。曹芳)を許昌(きょしょう)へお遷しし、都の外にいる軍勢を招集されますように」と進言されたが、ためらって決断できなかった。

一方で侍中の許允(きょいん)や尚書(しょうしょ)の陳泰(ちんたい)らは、「ご自分から罪に服されたほうがよい」と進言した。

曹爽はこれを容れ、ふたりを司馬懿のもとへ遣わし、死罪に処してほしいと願い出たうえ、司馬懿の上奏文を曹芳に届けた。こうして曹爽兄弟は罷免され、侯の身分のまま私邸に帰ることになった。

だが結局、弟たちとともに大逆不道の罪にあたるとして処刑され、三族も皆殺しにされた。

管理人「かぶらがわ」より

父の曹真については、『三国志演義』の創作ぶりに腹立たしさすら覚えましたが、跡継ぎだったこの人は駄目ですね。

とはいえ本伝によると、「初め曹爽は、司馬懿のほうが年齢や功績がすべて上だったため、いつも父のように仕え、独断で事を行おうとはしなかった」ということです。

「ところが何晏らを用いるようになると、自分の取り巻きを要職に就けるようになり、政治的な案件が司馬懿を経由することはまれになった。こうしたことから、司馬懿は病と称して曹爽を避けるようになった」のだと。

で、曹爽一味の悪事が以下にあるように書ききれないほど載せられていました。

「何晏らは、曹爽の権勢を笠に着て土地や物資を奪ったり、賄賂を受け取ったり、無実の者を罪に陥れたりした」

「曹爽の食事や飲み物、乗り物や衣服は天子の御物(ぎょぶつ)をまねたもので、尚方(しょうほう。天子の刀剣や器具を製作する役所)で制作された珍しい品々が屋敷に満ちていた」

「また、大勢の妻妾(さいしょう)を置いたうえ、こっそり先帝(曹叡)の才人(さいじん。女官の位階)から7、8人を奪い、将軍付きの下吏、楽師に楽団、良家の子女33人を手に入れ自分付きの芸人とした。偽の詔を作って57人もの才人を徴発し鄴台(ぎょうだい)に送り込み、先帝(曹叡)の倢伃(しょうよ。女官の位階)に芸を仕込ませたりもした」

「勝手に太楽(たいがく。音楽をつかさどる役所)の楽器や武庫の天子直属の兵士を自分のものにしたり、四方に美しい模様の彫刻を施した地下室を作らせ、ここで何晏らと宴会を催しては、酒を飲み音楽を演奏させていた」などといった具合。

弟の曹羲は心配し、たびたび兄の曹爽を諫めたものの、聞き入れられることはありませんでした。そして、この間に司馬懿は内々で曹爽への備えを固めていたのだと。

248年冬の司馬懿の芝居については、ある意味で名場面のひとつだと思います。李勝の目が節穴だったのか? 司馬懿の演義がうますぎたのか? おそらくは後者なのでしょう。

本伝の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く郭頒(かくはん)の『世語(せいご。魏晋世語〈ぎしんせいご〉)』には、司馬懿のクーデター時に曹爽が兵を解いた経緯について書かれていました。

「司馬懿は許允と陳泰を遣わし、曹爽の気持ちを解きほぐしつつ説得させた。蔣済(しょうせい)もまた書簡を送って司馬懿の意向を伝えた。その一方、曹爽が信任していた殿中校尉(でんちゅうこうい)の尹大目(いんたいもく)を遣わし、『免官の処分だけで済ませる。洛水に懸けて誓ってもいい』と言わせた。曹爽はその言葉を信じ、兵を解いたのである」と。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
魏の曹氏 人物データ
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました