曹羲(そうぎ)

【姓名】 曹羲(そうぎ) 【あざな】 ?

【原籍】 譙郡(しょうぐん)譙県(しょうけん)?

【生没】 ?~249年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 第106回で初登場。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・曹真伝(そうしんでん)』に付された「曹羲伝」あり。

スポンサーリンク

曹真の息子

父は曹真だが、母は不詳。曹爽(そうそう)は兄。曹訓(そうくん)・曹則(そうそく)・曹彦(そうげん)・曹皚(そうがい)も兄弟で、おそらくみな弟。

曹羲は231年に曹真が死去したあと、ほかの弟たちとともに列侯(れっこう)に封ぜられた。

239年に曹芳(そうほう)が帝位を継ぎ、曹爽が大将軍(だいしょうぐん)として政権を握ると、彼も中領軍(ちゅうりょうぐん)に任ぜられた。

その後、249年1月に司馬懿(しばい)がクーデターを発動(正始〈せいし〉の政変)。結局は抵抗せず、兄弟ともども大逆不道の罪で処刑され、三族(父母・妻子・兄弟姉妹、異説もある)も皆殺しになった。

スポンサーリンク

管理人「かぶらがわ」より

本伝の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く王沈(おうしん)の『魏書』によると、「239年に曹爽が司馬懿を太傅(たいふ)に祭り上げた際、曹芳への上表文を曹羲が作った」ということです。

また本伝によると、「曹羲は、曹爽が腹心の何晏(かあん)らと好き勝手な振る舞いを続けていたことを心配し、たびたび諫めた」とあり、「曹爽が聞き入れようとしなかったため、涙を流しながら席を立つこともあった」のだとか。

曹爽たちがそのようなことをしている間に、司馬懿は水面下で着々と準備を進めていたわけですね。

なお、ここでは一応「本伝」としましたが、「曹真伝」に付された「曹爽伝」「曹羲伝」「曹訓伝」には明確な区切りがないようです。

このほかにも『三国志』(魏書・杜夔伝〈ときでん〉)の裴松之注に、傅玄(ふげん)が馬鈞(ばきん)のことを序したものが載せられていました。

「馬鈞が発石車(はっせきしゃ。石を飛ばす兵器)の改良に取り組んだ際、裴秀(はいしゅう)は難点を指摘したが、馬鈞は言葉に詰まって反論できなかった。裴秀がこの話を言い触らすと、傅玄は裴秀に、馬鈞が反論しなかった理由(馬鈞は言葉は不得手だが、実際の器用さとなると得手。裴秀はその逆)を語った」

「傅玄が安郷侯(あんきょうこう。曹羲のこと)に会ったとき、話題が裴秀のことに及び、安郷侯も裴秀の意見に賛同した。そこで傅玄が、『言葉でうまく説明できないからといって、実際に試してみなくてよいものでしょうか?』と説くと、安郷侯も納得し、すぐに武安侯(ぶあんこう。曹爽のこと)に馬鈞の改良の件を話した。しかし、武安侯がこの件を放置したため、実際に試されることなく終わったのだ」と。

曹羲は話の通じるところもあったらしい。まぁ曹爽のほうは、ここでもダメっぷりを見せていますけどね……。

このくだりでは、「馬鈞が諸葛亮(しょかつりょう)の考案した『連弩(れんど。連発式のいしゆみ)』を見て、『巧妙なことは巧妙だが、改良の余地がないわけではない』と言い、『私が作れば5倍の性能を持たせることができる』と称した」ともあり、対抗意識のようなものがうかがえておもしろかったです。

「発石車には、敵が楼に濡らした牛皮を垂らすと石が当たってもそのまま落ちてしまい、続けて石を飛ばせないという欠点があった」ともあり、「そこで馬鈞はひとつの車輪を作って大きな石を数十個ぶら下げ、機械装置を使い車輪の回転速度を上げ、一定の速度にしたうえ、ぶら下げた石を切り離して飛ばし、敵の城壁に稲妻のように続けて当てようと考えた」のだとか。これはスゴそう。

で、予備的な実験として、「車輪に数十枚の瓦をぶら下げ、数百歩の距離まで飛ばした」のだとか――。当時から結構なことをやっていたのだなぁと感心しました。

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました