張特(ちょうとく)

【姓名】 張特(ちょうとく) 【あざな】 子産(しさん)

【原籍】 涿郡(たくぐん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 第108回で初登場。
【正史】 登場人物。

一計を案じ、合肥新城(ごうひしんじょう)を守り切る

父母ともに不詳。

張特は「牙門将軍(がもんしょうぐん)」として鎮東将軍(ちんとうしょうぐん。251~252年)の諸葛誕(しょかつたん)の指揮下にあった。だが、諸葛誕は張特を無能と見ており、帰らせて「護軍(ごぐん)」にしようと考えていたという。

252年、その諸葛誕が東関(とうかん)で呉(ご)の太傅(たいふ)の諸葛恪(しょかつかく)と戦い大敗。これを受け、鎮南将軍(ちんなんしょうぐん)の毌丘倹(かんきゅうけん)が諸葛誕と交代。張特は合肥新城にとどまり、引き続き守りにあたる。

翌253年、諸葛恪に合肥新城が包囲されたとき、張特は将軍の楽方(がくほう)らとともに3千の軍勢を擁していた。しかし、そのうち半数以上が戦死、または病に倒れてしまい、呉軍の攻撃で城は陥落寸前まで追い込まれる。

そこで張特は城外へ出て呉軍に告げた。

「もう私たちには戦う気がございません。魏(ぎ)の定めでは、敵の攻撃を受け100日が過ぎても援軍が来ない場合、投降しても国元の家族は連座しないことになっております。しかも、私たちが攻撃を受けてからもう90日以上になります」

「初め城内には4千を超える兵がおりましたが、すでに半数以上は戦死しました。ですがこのまま城が陥落したとしても、まだ投降を望まない者がおります。私は立ち戻って彼らと話し合い、従う者と従わない者とに分けて名簿を作り、明朝早くにお届けしましょう。証拠として、しばらく私の印綬(いんじゅ)を預かってください」

そして自分の印綬を渡そうとしたが、呉軍のほうでは張特を信じて受け取らず、城への攻撃もいったん中止した。張特は城へ戻ると、夜のうちに家屋を壊して柵に使い、城壁の欠けた箇所を補修し二重にした。

翌日、張特は再び呉軍に告げる。

「私にはただ闘死あるのみだ!」

呉軍は激怒して攻撃を再開したものの城を陥すことはできず、やがて(疫病の流行もあって)引き揚げた。

朝廷は張特の働きを評価し、「雑号将軍(ざつごうしょうぐん)」の称号を加えたうえ「列侯(れっこう)」に封じ「安豊太守(あんぽうのたいしゅ)」に任じた。なお、その後の張特については記事がない。

管理人「かぶらがわ」より

上で挙げた記事は、『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・斉王紀〈せいおうぎ〉)とその裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く魚豢(ぎょかん)の『魏略(ぎりゃく)』によるもの。

諸葛誕は張特の能力を見誤っていたようですね。もし合肥新城が陥ちていれば、撤退後の諸葛恪の死に方も変わっていたのでしょうか?

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】