韓嵩(かんすう)

【この記事をシェアする】

【姓名】 韓嵩(かんすう) 【あざな】 徳高(とくこう)

【原籍】 義陽郡(ぎようぐん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 第092話で初登場。
【演義】 第023回で初登場。
【正史】 登場人物。

もはや日和見は許されず。劉表(りゅうひょう)に曹操(そうそう)への帰順を進言したひとり

父母ともに不詳。

韓嵩は若いころから学問を好み、貧しいながらも初志を変えることがなかった。三公の命令に応ぜず、数人の同士と酈(れき)の西にある山に隠れ住んでいた。

184年、韓嵩は「黄巾(こうきん)の乱」が勃発すると南方へ避難し、荊州刺史(けいしゅうしし。190年に就任)の劉表に迫られて「別駕(べつが)」となり、のち「従事中郎(じゅうじちゅうろう)」に転ずる。

劉表が郊外で(天子〈てんし〉にのみ許される)天地を祭る儀式を執り行った際、韓嵩は諫めたが聞き入れられず、次第に反感を持たれるようになったという。

199年、曹操と袁紹(えんしょう)が官渡(かんと)で対峙(たいじ)すると、袁紹は劉表に救援を求める使者を遣わす。劉表はこの要請を承諾しながらも進発せず、逆に曹操への支援もせず、荊州を保ったまま天下の形勢の変化を傍観しようとした。

韓嵩や別駕の劉先(りゅうせん)は、現状で中立の立場を取り続けることは不可能とし、曹操への帰順を勧める。重臣の蒯越(かいえつ)も同様に勧めたものの、劉表は迷って決心がつかない。結局、韓嵩が許(きょ)に赴き、曹操の実情を探ってくることになった。

このとき韓嵩は献帝(けんてい)から「侍中(じちゅう)」に任ぜられ、さらに「零陵太守(れいりょうのたいしゅ)」に昇進して荊州へ戻り、曹操の威徳について報告。そのうえ御子を人質として送られたほうがよいとまで勧める。

これを聞いた劉表はひどく腹を立て、韓嵩や許に派遣した者たちを処刑しようとした。たが劉表の妻の蔡氏(さいし)が執り成したため、韓嵩は拘禁されるにとどめられ処刑を免れた。

208年7月、曹操が軍勢をひきいて南下を開始し、荊州の攻略に乗り出す。

同年8月、劉表が病死。長男の劉キ(りゅうき。王+奇)を差し置き、次男の劉ソウ(りゅうそう。王+宗)が跡を継ぐ。

韓嵩は蒯越や東曹掾(とうそうえん)の傅巽(ふそん)とともに、再び曹操への帰順を進言。初めこそ劉ソウは渋ったものの、ほどなく彼らの意見に従う。

帰順後、韓嵩は「大鴻臚(だいこうろ)」に任ぜられる。このとき彼は病床にあったため、自宅で印綬(いんじゅ)を受けた。その後の韓嵩については記事がない。

管理人「かぶらがわ」より

上で挙げた記事は、『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・劉表伝)とその裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く傅玄(ふげん)の『傅子(ふし)』および『先賢行状(せんけんぎょうじょう)』によるものです。

劉表は外目には温厚な学者に見えたものの、内心は猜疑(さいぎ)する気持ちが強かったと言いますが、韓嵩も危うく処刑されそうになっていました。

劉表ならまだしも、劉キや劉ソウの資質を考えれば、韓嵩らが曹操への帰順を進言したのは妥当でしょう。もし袁紹に付くよう勧めたのなら、見識が疑われるところでしたけど……。

韓嵩の生没年はわかりませんが、曹操に帰順した後、ほどなく亡くなったと思わせる書かれ方でした。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】