杜摯(とし)

【姓名】 杜摯(とし) 【あざな】 徳魯(とくろ)

【原籍】 河東郡(かとうぐん)聞喜県(ぶんきけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・劉劭伝(りゅうしょうでん)』に付された「杜摯伝」あり。

賦(ふ)をよくしたという学者

父母ともに不詳。

杜摯は初め「笳賦(かのふ)」を献上し「司徒軍謀祭酒(しとぐんぼうさいしゅ)」に任ぜられる。のち孝廉(こうれん)に推挙され「郎中(ろうちゅう)」となり、「校書郎(こうしょろう)」に転じた。

しかし結局は昇進できず、秘書(ひしょ。秘書省)の官のまま死去(時期は不明)したという。

秘書の官と言ってもいろいろなものがあり、もちろん「校書郎」も含まれるが、具体的な官職についてはイマイチわからず。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。上で挙げた記事は本伝の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く荀勗(じゅんきょく)の『文章叙録(ぶんしょうじょろく)』によるもの。

本伝では「郎中令(ろうちゅうれい)の河東の杜摯」として、文章や賦をよくした人物のひとりとして名が見える程度。なので、彼に関する詳しい事績はわかりませんでした。

『文章叙録』には、杜摯は同郷の毌丘倹(かんきゅうけん)と親しかったともあり、ふたりが交わしたという詩も載せていました。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】