曹範(そうはん)A ※曹拠(そうきょ)の息子

【姓名】 曹範(そうはん) 【あざな】 ?

【原籍】 沛国(はいこく)譙県(しょうけん)

【生没】 ?~235年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

曹拠(そうきょ)の息子、成武悼公(せいぶのとうこう)

父は曹拠だが、母は不詳。曹琮(そうそう)は兄、曹闡(そうせん)は弟。

221年、曹範は218年に死去した曹子整(そうしせい)の跡継ぎとして立てられ、翌222年に平氏侯(へいしこう)に封ぜられた。

翌223年には成武侯(せいぶこう)に移封され、229年に成武公に爵位が進む。235年に死去して悼公と諡(おくりな)されたが、息子はいなかった。

翌236年、曹叡(そうえい)の詔(みことのり)により、曹範の弟で東安郷公(とうあんきょうこう)の曹闡が郿侯(びこう)に封ぜられ、曹子整の跡継ぎとされた。

曹闡は正元(せいげん)年間(254~256年)から景元(けいげん)年間(260~264年)にたびたび加増され、1,800戸となった。

管理人「かぶらがわ」より

曹拠の息子として名が出てくる曹琮・曹範・曹闡の兄弟順がイマイチはっきりしません。曹範が曹闡の兄だというのは『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・郿戴公子整伝〈びたいこうしせいでん〉)にありますが、曹琮をふたりの兄とみてもいいのかどうか?

曹琮が曹沖の跡継ぎに立てられた時期(217年)を考えると、曹琮が最年長で、曹範・曹闡が続くものと思われますが……。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
魏の曹氏 人物データ
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました