曹穆(そうぼく)

【姓名】 曹穆(そうぼく) 【あざな】 ?

【原籍】 譙郡(しょうぐん)譙県(しょうけん)

【生没】 ?~229年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

魏(ぎ)の曹叡(そうえい)の息子、繁陽王(はんようおう)

父は曹叡だが、母は不詳。兄弟には曹冏(そうけい)・曹殷(そういん)がいる。

曹穆は228年9月に繁陽王に封ぜられたが、翌229年6月に薨去(こうきょ)した。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。具体的な事績についての記事がなく、どのような人物だったのかはわかりませんでした。

曹穆の生年がわからないため、曹冏が兄なのか弟なのかは断定できません。ただ、曹冏が清河王(せいかおう)に封ぜられたのは226年なので、おそらく曹穆のほうが弟でしょう。曹殷は231年生まれですから、曹冏や曹穆の弟ですね。

曹叡の息子たちは関連記事が少ないこともあり、どうしても早世が目立ちます。生後1年も経たずに亡くなった曹殷は乳児の病気だったのかもしれませんが、次々に跡継ぎ候補が亡くなっていくというのは嫌な感じ。当時の状況を考えれば不思議なことではないのでしょうか?
「魏の曹氏」収録人物一覧
魏(ぎ)の曹操(そうそう)を中心とした一族の関連記事のリストです。こちらから各人の個別記事がご覧いただけます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
魏の曹氏 人物データ
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました