何夔(かき)

【姓名】 何夔(かき) 【あざな】 叔龍(しゅくりょう)

【原籍】 陳郡(ちんぐん)陽夏県(ようかけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・何夔伝』あり。

中央と地方で能力の高さを示すも、節倹の風潮にはこだわらず

父母ともに不詳だが、父は早くに亡くなったという。何衡(かこう)は従父(おじ)。兄がいたこともうかがえるが名は不詳。息子の何曾(かそう)は跡継ぎ。

何夔の曾祖父にあたる何熙(かき)は、漢(かん)の安帝(あんてい。在位106~125年)の時代に「車騎将軍(しゃきしょうぐん)」まで昇った。

何夔は幼いころ父を亡くし、母や兄と一緒に暮らしたが、孝行ぶりと兄弟仲の良さによって称賛される。彼は身長が8尺(せき)3寸(ずん)もあり、慎み深く威厳のある容貌をしていた。

戦乱を避けて淮南(わいなん)へ行ったが、193年に寿春(じゅしゅん)へ進出した袁術(えんじゅつ)の招きには応じなかった。

197年、袁術が橋蕤(きょうずい)とともに蘄陽(きよう)を攻囲したものの、城は曹操(そうそう)に味方して守り抜く。

袁術は、この郡の出身である何夔を脅し蘄陽の人々を説得させようとしたが、何夔は灊山(せんざん)に隠れ逃れる。あくまで彼が自分のために働かないことを知ると、袁術も計画を取りやめた。

袁術の兄(従兄とも)で山陽太守(さんようたいしゅ)の袁遺(えんい)の母は、何夔の従姑(おば)だった。このことから袁術は何夔を恨みはしたが、危害を加えようとはしなかった。

何夔は郷里に帰ろうと考え、袁術の追跡をかわすためひそかに脱出し、翌198年に帰り着く。しばらくして司空(しくう)の曹操から召しを受け「掾属(えんぞく。属官)」となる。

曹操が「司空」を務めていた期間は196~208年。

のち「城父県令(じょうほけんのれい)」を経て「長広太守(ちょうこうのたいしゅ)」に昇進。長広郡は山や海に沿った地域にあり、いまだ黄巾賊(こうきんぞく)が平定されておらず離反者が多かった。

そのような中、長広県の管承(かんしょう)が3千余軒を仲間に引き込み乱暴を働く。しかし、何夔は兵を出して討伐するのではなく、郡丞(ぐんじょう)の黄珍(こうちん)を遣って管承に事の利害を説かせる。

すると管承らはみな服従を願い出、何夔は成弘(せいこう)を「校尉(こうい)」として遣わし彼らの指揮に充てた。

同じころ牟平(ぼうへい)の賊徒である従銭(じゅうせん)にも数千余軒の仲間がいた。何夔は郡兵をひきい張遼(ちょうりょう)とともに討伐し、これを平定する。

また東牟(とうぼう)の王営(おうえい)が3千余軒を仲間とし、昌陽県(しょうようけん)で反乱を起こした。何夔は部下の王欽(おうきん)に計を授けて王営らを離散させ、10か月の間にすべて平定した。

このころ曹操は新たな法律を制定して州郡に通達し、租税や綿絹の取り立てを始める。何夔は郡が設けられて間もないうえ、最近の出兵のこともあるので、急に法律で取り締まるべきではないと考えた。

そこで曹操に上言し、3年ほどして民が生業に落ち着いたころを見計らい、初めて法律による取り締まりを行うよう勧める。曹操はこの進言を容れた。

208年、曹操が「丞相(じょうしょう)」となると、何夔は中央へ召し還されて「参丞相軍事(さんじょうしょうぐんじ)」を務める。

その後、海賊の郭祖(かくそ)らが楽安(らくあん)や済南(せいなん)を荒らし回り州郡を苦しめた。

何夔は以前に「長広太守」を務めていたが、その際の働きが評価され、ここで「楽安太守」に起用される。彼が着任して数か月もすると諸城はすべて平定された。中央へ戻り「東曹掾(とうそうのえん)」を務め、人材登用に関する意見を述べる。

213年、魏が建国されると「尚書僕射(しょうしょぼくや)」に昇進。

217年、曹丕(そうひ)が「王太子(おうたいし)」に立てられると、その「少傅(しょうふ。太子少傅)」を務める。のち太子太傅(たいしたいふ)の涼茂(りょうぼう)が亡くなると、何夔がこれに代わった。

毎月の朔(ついたち)、何夔が参内して目通りする際にだけ、曹丕は正式な服装を整え礼を尽くしたという。

そのうち何夔が「太僕(たいぼく)」に昇進。曹丕は別れを告げるため供応の用意をさせ、手紙を遣って招待する。だが何夔は、国家には不変の制度というものがあると言い、この供応の招きに応じなかった。

220年、曹丕が帝位に即くと、何夔は「成陽亭侯(せいようていこう)」に封ぜられ300戸を賜る。やがて重病にかかり辞職を願い出たが、曹丕はこれまでの功績を評価し認めなかった。

こうして何夔が死去(時期は不明)すると「靖侯(せいこう)」と諡(おくりな)され、息子の何曾が跡を継いだ。

管理人「かぶらがわ」より

本伝の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く王沈(おうしん)の『魏書』によると、何夔は曹操から目をかけられていた丁儀(ていぎ)と仲が悪かったそうです。

尚書の傅巽(ふそん)は、丁儀の憎みようがひどくなっているから、少し彼を立ててやってはどうかと勧めました。また、あなたの友人の毛玠(もうかい)らは、もう丁儀にひどい目に遭わされているとも指摘します。

それでも何夔は意志を曲げず、やはり丁儀は凶悪さと虚偽のために失敗した(220年に弟の丁廙〈ていい〉ともども処刑された)のだと。

こういう真っすぐなところがあるかと思えば、本伝によると、何夔の行いは正道を踏んではいたが、節倹の時代にあって最もぜいたくだったとも。彼は質素な暮らしには興味がなかったようですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】