高堂隆(こうどうりゅう)

【姓名】 高堂隆(こうどうりゅう) 【あざな】 升平(しょうへい)

【原籍】 泰山郡(たいざんぐん)平陽県(へいようけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・高堂隆伝』あり。

病を得てもなお曹叡(そうえい)の行いを諫め続ける

父母ともに不詳。息子の高堂琛(こうどうちん)は跡継ぎ。

高堂隆は魯(ろ)の高堂生(こうどうせい。前漢〈ぜんかん〉時代の儒者)の子孫である。若いころ儒学生となり、泰山太守(たいざんたいしゅ)の薛悌(せつてい)から「督郵(とくゆう)」に任ぜられた。

郡の督軍(とくぐん。官名)が論争したとき、薛悌の名を呼びどなりつけたことがあった。高堂隆が剣の柄に手を掛けて無礼を叱ると、督軍は色を失い、薛悌もあわてて彼を引き留めたという。のち高堂隆は官職を辞し済南(せいなん)へ避難。

213年、高堂隆は曹操(そうそう)に召され「丞相軍議掾(じょうしょうぐんぎえん)」となる。やがて歴城侯(れきじょうこう。217~221年)の曹徽(そうき)の「文学(ぶんがく。官名)」を務め、「歴城国相(れきじょうこくのしょう)」に転じた。

220年に曹操が崩じた後、曹徽は父の喪に遭いながら哀悼の気持ちを示さず、かえって狩猟に出かけたりする。高堂隆は道理を説いて直諫し、補導者としての務めを果たした。

曹丕(そうひ)の黄初(こうしょ)年間(220~226年)に高堂隆は「堂陽県長(どうようけんのちょう)」となり、平原王(へいげんおう。222~226年)の曹叡の傅(ふ。守り役)に選ばれた。

226年、曹叡が帝位を継ぐと、高堂隆は「給事中(きゅうじちゅう)・博士(はくし)・駙馬都尉(ふばとい)」に転ずる。

曹叡が即位したばかりのころ、群臣に供宴を催すよう勧めた者があった。すると高堂隆は、堯(ぎょう)や舜(しゅん)、殷(いん)の高宗(こうそう)の態度を例に挙げて反対し、曹叡に容れられた。

高堂隆は「陳留太守(ちんりゅうのたいしゅ)」に昇進。郡の犢民(とくみん。牛飼い?)の酉牧(ゆうぼく)は、70余歳にして非の打ちどころがない徳行を備えていたため、高堂隆は推挙して「計曹掾(けいそうえん)」とする。

曹叡はこのことを嘉(よみ)し、特に酉牧を「郎中(ろうちゅう)」に任じた。高堂隆も召し還されて「散騎常侍(さんきじょうじ)」となり「関内侯(かんだいこう)」に封ぜられた。

太和(たいわ)年間(227~233年)、高堂隆は詔(みことのり)を受け、尚書郎(しょうしょろう)の楊偉(ようい)や太史待詔(たいしたいしょう)の駱禄(らくろく)とともに暦の研究に携わる。

議論は紛糾し数年を経たが、ついに高堂隆の説は採用されなかった。それでも遠近の人々は、この議論を通じて彼の精緻(せいち)さを知ることになったという。

青龍(せいりょう)年間(233~237年)、曹叡は宮殿の大修復を行い、長安(ちょうあん)にあった大鐘を都(洛陽〈らくよう〉)に運ばせようとする。

高堂隆は上奏文を奉り、周(しゅう)の景王(けいおう)の態度を例に挙げ、周の徳が衰微した様子を説いたうえ、小人らの言葉を聞き入れ亡国の器物を取り寄せたりせず、民を使役して国費を無駄遣いしないよう諫めた。

高堂隆は「侍中(じちゅう)」に昇進し「太史令(たいしれい)」を兼ねる。

234年?、崇華殿(すうかでん)が火災に遭うと、曹叡は高堂隆に詔を下して尋ねた。

「これは何のとがなのか? また礼において、祈とうして厄払いする方法はあるか?」

『三国志』(魏書・明帝紀〈めいていぎ〉)には、234年4月235年7月に崇華殿が火災に遭った記事が見えておりイマイチよくわからず。

高堂隆が応え、災異が起こるのはみな(天の)訓戒を明らかにするためであり、礼を整え徳を修めることだけが災異に打ち勝つ方法だと述べる。

そして民の役務を取りやめ、宮殿は質素なものにすることとし、焼けた所を清掃し、再びそこに宮殿を造営しないよう忠告した。だが曹叡は聞き入れず、235年に崇華殿の再建を命じ、名を「九龍殿(きゅうりょうでん)」と改めた。

崇華殿の再建の記事について、『三国志』(魏書・明帝紀)では235年7月の火災の後に見える。

237年、高堂隆の上奏が容れられ、魏の暦が改訂される。

これにより「青龍5(237)年3月」が「景初(けいしょ)元年4月」と改められ、服色は黄色を尊ぶこととし、犠牲(いけにえ)には白色の動物を用い、「地正(ちせい。12月を正月とする殷の制度)」に従うことになった。

のち高堂隆は「光禄勲(こうろくくん)」に昇進。このころ曹叡の宮殿造営がいよいよ盛んになり、楼閣には彫刻をもって装飾を施し、太行山(たいこうざん)から石英を切り出し、穀城(こくじょう)で文石を採取する。

芳林園(ほうりんえん)に景陽山(けいようざん)を築き、太極殿(たいごくでん)の北に昭陽殿(しょうようでん)を建て、黄龍(こうりゅう)と鳳凰(ほうおう)、さらに大きな獣の像を鋳造し、金墉城(きんようじょう)・陵雲台(りょううんだい)・陵霄闕(りょうしょうけつ)を飾りたてた。

種々の役務には5ケタに上る民が駆り出され、公卿(こうけい)から学生に至るまで作業に加わり、曹叡自ら土を掘り、彼らを監督するありさまだった。

しかし、遼東(りょうとう)の公孫淵(こうそんえん)は参朝せず、毛皇后(もうこうごう)は崩御(ほうぎょ)する。天は長雨を降らせ、冀州(きしゅう)では洪水により人々が流された。高堂隆は上奏文を奉り、曹叡の態度を厳しく諫めた。

やがて高堂隆は重い病にかかったが、口述して上奏文を書かせる。

その中で曹叡に、これまでの過ちを改め、将来への思いを深く巡らせるよう求めたうえ、朝廷にいる「鷹揚(おうよう)の臣(司馬氏〈しばし〉を指すという)」を抑え、帝族から諸王を選んで軍を統率させ、帝室を側面から助けさせることを勧めた。

高堂隆は死に臨み(時期は不明)、葬儀を簡素なものにし、その季節の服で身を包んで葬るよう遺言。息子の高堂琛が跡を継いだ。

管理人「かぶらがわ」より

本伝に以下のような話がありました。

景初年間(237~239年)、曹叡は蘇林(そりん)や秦静(しんせい)らが高齢であるため、彼らの学問を伝える者がいなくなることを心配します。

そこで詔を下し、郎吏のうちで優れた才能を持ち、経義を理解できる者30人を選び。光禄勲の高堂隆、散騎常侍の蘇林、博士の秦静に就き、四経と三礼(さんらい)を分担して学ばせるよう命じました。

四経は『左氏伝(さしでん)』『穀梁伝(こくりょうでん)』『古文尚書(こぶんしょうしょ)』『毛詩(もうし)』のこと。

三礼は『周礼(しゅらい)』『儀礼(ぎらい)』『礼記(らいき)』のこと。

一方、担当官吏には彼ら学生のための試験方法を整備するよう命じ、学生に対しては、経典(けいてん)を究めた者があれば、爵位や俸禄、栄誉や恩寵は期待せずとも訪れる、と励ましたそうです。

ところが、数年後に高堂隆らは死去してしまい、ついに学問は廃れてしまったのだと。高堂隆・蘇林・秦静のいずれも没年がはっきりしませんが、この記事からすると240年前後でしょうか?

それにしても、高堂隆の痛々しいまでの諫言ぶりと、これをまったく聞こうとしない曹叡の態度。この対比が際立っていました。また、こうした様子から、かえって魏と蜀(しょく)や呉(ご)との国力の差の大きさがうかがえました。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】