孫恩(そんおん)

【姓名】 孫恩(そんおん) 【あざな】 ?

【原籍】 呉郡(ごぐん)富春県(ふしゅんけん)

【生没】 ?~258年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 第113回で初登場。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

孫綽(そんしゃく)の息子

父は孫綽だが、母は不詳。孫綝(そんりん)は兄で、孫拠(そんきょ)・孫幹(そんかん)・孫闓(そんかい)はみな弟。

257年5月、魏(ぎ)の諸葛誕(しょかつたん)が寿春(じゅしゅん)で反乱を起こし、城に立てこもったまま呉(ご)への投降を申し入れる。これに対し呉は文欽(ぶんきん)・唐咨(とうし)・全端(ぜんたん)・全懌(ぜんえき)らを遣わし、3万の軍勢をもって諸葛誕の救援に向かわせた。魏は中央軍と地方軍、合わせて20余万を動員し寿春の包囲を強めた。

呉の朱異(しゅい)は別に3万の軍勢をひきいて安豊城(あんぽうじょう)に本陣を置き、文欽らのために外部から魏軍を牽制(けんせい)しようとした。しかし朱異は、魏の州泰(しゅうたい)・石苞(せきほう)・胡烈(これつ)にたびたび敗れた。

同年7月、孫綝は鑊里(かくり)まで本営を進めたが、魏軍に敗れた朱異に新たに3万の軍勢を授け、決死の攻撃をかけさせようとした。だが、朱異はこの命令を拒否した。

同年9月、孫綝は鑊里で朱異を処刑し、代わりに孫恩が救援として差し向けられた。

翌258年2月、諸葛誕が魏軍に敗れて戦死したため、呉軍も寿春から引き揚げた。孫綝は魏軍の包囲から諸葛誕を救出できなかっただけでなく、多くの兵士を戦死させ、名のある部将を誅殺したことから人々はみな不満を抱いた。

先の257年4月に孫亮(そんりょう)が親政を行って以来、しばしば問責が加えられるようになり、孫綝はひどく不安を感じていた。そのため孫綝は建業(けんぎょう)に戻っても病気を理由に参内しなくなった。

孫綝は朱雀橋(すざくきょう)の南に私邸を建て、弟で威遠将軍(いえんしょうぐん)の孫拠を蒼龍門(そうりょうもん。建業の東門)内に置いて宿衛にあたらせた。武衛将軍(ぶえいしょうぐん)だった孫恩も、弟の孫幹や孫闓とともに都のいくつかの軍営に配下の軍勢を置き孫綝を支えた。

同年9月、孫綝は自身の誅殺を計画した孫亮、および計画に加担した太常(たいじょう)の全尚(ぜんしょう)と将軍の劉丞(りゅうじょう)を押さえるべく動いた。このとき孫恩は孫綝の命を受け、蒼龍門外で劉丞を殺害した。

こうして孫亮が廃されると翌10月、孫恩は行丞相(こうじょうしょう。丞相代行)として百官を引き連れ、乗輿(じょうよ。天子〈てんし〉の乗り物〉)と法駕(ほうが。同じく天子の乗り物)を用意して永昌亭(えいしょうてい)で孫休(そんきゅう)を出迎えた。

同月に即位した孫休から御史大夫(ぎょしたいふ)・衛将軍(えいしょうぐん)・中軍督(ちゅうぐんとく)に任ぜられ県侯(けんこう)に封ぜられた。

同年11月、孫休の詔(みことのり)によって侍中(じちゅう)を加官され、大将軍(だいしょうぐん)の孫綝と分担して諸事を処理するよう命ぜられた。

同年12月、孫休らが密かに進めていた孫綝誅殺計画が発動。孫綝は臘会(ろうかい。年末に行われる祖先や神々を祭る儀式)の席で捕縛され、そのまま処刑された。孫恩ら孫綝の一族は皆殺しにされ、船で魏へ降ろうとした孫闓も追っ手により殺害された。

管理人「かぶらがわ」より

孫綝の兄弟はみな侯に封ぜられ、一時は主君をもしのぐ権勢を振るったものの、結局は皆殺しになってしまいましたね。

兄弟5人のうち、孫恩と孫拠だけ順番がはっきりしませんでした。記事を見た感じでは孫恩のほうが兄だと思うのですけど――。訳書に載っていた系譜では孫拠のほうが兄になっていました。
「呉の孫氏」収録人物一覧
呉(ご)の孫権(そんけん)を中心とした一族の関連記事のリストです。こちらから各人の個別記事がご覧いただけます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物データ 呉の孫氏
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました