何祗(かし)

【この記事をシェアする】

【姓名】 何祗(かし) 【あざな】 君粛(くんしゅく)

【原籍】 蜀郡(しょくぐん)

【生没】 ?~?年(48歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

特異な才能を生かして治績を上げる

父母ともに不詳。

何祗は若いころ貧乏だったが、寛容で人情に厚く、さばけた性格で体つきが甚だ立派だった。またよく飲み食いし、音楽や女色を好んで節度がなかったため、彼のことを尊重する者は少なかったという。

以前、何祗は井戸の中に桑が生えている夢を見た。そこで夢占いの趙直(ちょうちょく)に尋ねると、彼はこう答えた。

「桑は井戸の中に生えるものではありませんから、これを植え替えねばなりません。しかも桑の字は四十の下に八と書きます(桑の俗字。フォントなし)。あなたの寿命は、おそらくそれ以上にならないでしょう」

これを聞いた何祗は笑って言った。

「それだけあれば十分だ」

初め何祗は郡に仕え、のち「督軍従事(とくぐんじゅうじ)」となる。このころ諸葛亮(しょかつりょう)は法律を厳格に運用していたが、何祗が遊びほうけていると聞くと、不意に彼の担当する牢獄(ろうごく)の調査を命じた。

だが、何祗はひそかに調査の件を聞き知ると、夜間に囚人を見て回り、それぞれの罪状書にも目を通す。そして翌日の早朝に諸葛亮がやってくると、何祗はすべての暗記を終えており、何を聞かれてもスラスラと応答してみせる。その様子に諸葛亮は彼を高く評価したという。

やがて何祗は「成都県令(せいとけんのれい)」に転じたが、ちょうど「郫県令(ひけんのれい)」が欠員になっていたのでふたつの県令を兼ねた。両県は非常に戸数が多く、都に近いこともあり悪事を働く者も多かった。

何祗は人を取り調べる際によく居眠りしたが、悟るところがあるとすぐに偽りを見抜く。みな彼を恐れるようになり、秘術でも使っているのではないかとまで考え、あえて欺こうとする者がいなくなる。

また、部下に算盤(そろばん)を持たせ、何祗はその読み上げる声を聴いて暗算し、少しも食い違うことがなかった。

汶山(ぶんざん)の蛮族に不穏な動きが見られたので、何祗が「汶山太守(ぶんざんのたいしゅ)」に任ぜられると、漢人や蛮人を問わず心服してしまう。

何祗が「広漢太守(こうかんのたいしゅ)」に転ずると汶山の蛮族が反乱を起こし、「前任者の何府君(かふくん)がお戻りになれば、われらも安心できましょう」と言い訳した。

「府君」は太守の敬称。

このとき何祗を辺地へ戻すのが難しかったため、代わりに彼の一族の者を抜てきして「汶山太守」に充てたところ、汶山の蛮族は落ち着きを取り戻す。

のち何祗は「犍為太守(けんいのたいしゅ)」に転じ、趙直の言った通り48歳で死去(時期は不明)した。

管理人「かぶらがわ」より

上で挙げた記事は、『三国志』(蜀書〈しょくしょ〉・楊洪伝〈ようこうでん〉)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く陳寿(ちんじゅ)の『益部耆旧伝(えきぶききゅうでん)』の雑記によるものです。

何祗が「広漢太守」を務めていたころ重病にかかった張嶷(ちょうぎょく)の面倒を見たことについては、先に採り上げた張嶷の個別記事をご覧ください。それにしても、趙直の夢占いはよく当たりますね……。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】