衛臻(えいしん)

【この記事をシェアする】

【姓名】 衛臻(えいしん) 【あざな】 公振(こうしん)

【原籍】 陳留郡(ちんりゅうぐん)襄邑県(じょうゆうけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・衛臻伝』あり。

曹氏(そうし)4代(曹操〈そうそう〉・曹丕〈そうひ〉・曹叡〈そうえい〉・曹芳〈そうほう〉)に仕え、父同様に忠義を尽くす。長垣敬侯(ちょうえんのけいこう)

父は衛茲(えいじ)だが、母は不詳。息子の衛烈(えいれつ)は跡継ぎで、衛京(えいけい)と衛楷(えいかい)も同じく息子。

189年、曹操が陳留で挙兵を計画した際、衛茲は最初の賛同者となり、3千の兵を集めて付き従う。

翌190年、曹操は滎陽(けいよう)で董卓(とうたく)配下の徐栄(じょえい)との戦いに敗れ、衛茲は戦死した。以後、曹操は陳留を通る際に必ず使者を遣り、彼を祭ったという。

衛臻は、陳留太守(ちんりゅうたいしゅ)の夏侯惇(かこうとん)から「計吏(けいり)」に推挙される。

夏侯惇が夫人を宴会に同席させるよう求めたとき、衛臻は「それは末世の風俗で、正しい儀礼に外れております」と述べ捕縛されたものの、やがて赦免。のち漢(かん)の「黄門侍郎(こうもんじろう)」となる。

のち東郡(とうぐん)の朱越(しゅえつ)に招かれたが、ちょうど(213年)衛臻は献帝(けんてい)の詔(みことのり)を奉じ魏へ「貴人(きじん。皇妃の位のひとつ)」を迎えに行っており、曹操が上奏して彼を留め置き「参丞相軍事(さんじょうしょうぐんじ)」とした。

曹操が「丞相」を務めていた期間は208~220年。

ここで衛臻が迎えに行った「貴人」というのは、曹操の3人の娘である曹憲(そうけん)・曹節(そうせつ)・曹華(そうか)のこと。年少の曹華については国元で成長を待つことになったという。

その後、父の旧功がさかのぼって採り上げられ、衛臻は「関内侯(かんだいこう)」に封ぜられ「戸曹掾(こそうのえん)」に転ずる。

220年2月、曹丕が「魏王(ぎおう)」を継ぐと「散騎常侍(さんきじょうじ)」となった。

同年10月、曹丕が帝位に即くと「安国亭侯(あんこくていこう)」に爵位が進む。

この当時、群臣はみな魏の徳をたたえ、多くの者は前朝の漢をけなした。たが、衛臻だけは禅譲の意義を明らかにし、漢の美徳を称揚した。

曹丕は、しばしば彼のほうに目を遣りながら言う。

「(衛臻は)天下にまれな人物だ。山陽公(さんようこう。漢の献帝。退位後は魏の山陽公となった)と同じ扱いをすべきであろう」

衛臻は「尚書(しょうしょ)」に昇進し「侍中(じちゅう)・吏部尚書(りぶしょうしょ)」に転ずる。

225年、曹丕が広陵(こうりょう)に行幸した際、衛臻は「中領軍(ちゅうりょうぐん)」を代行しお供をした。

翌226年、曹叡が帝位を継ぐと「康郷侯(こうきょうこう)」に爵位が進む。のち「尚書右僕射(しょうしょゆうぼくや)」となり官吏の選抜を担当。これまで通り「侍中」の官位を加えられた。

228年、蜀(しょく)の諸葛亮(しょかつりょう)が天水(てんすい)に侵入すると、衛臻は上奏して述べた。

「奇襲部隊を派遣し散関(さんかん)に入れ、敵の糧道を断つのがよいでしょう」

そこで衛臻が「征蜀将軍(せいしょくしょうぐん)・仮節(かせつ)・督諸軍事(とくしょぐんじ)」に起用される。

彼が長安(ちょうあん)まで進んだところ、諸葛亮は軍を引いた。帰還した衛臻は旧職に復し「光禄大夫(こうろくたいふ)」の位を加えられる。

このころ(青龍〈せいりょう〉年間〈233~237年〉)曹叡は宮殿の造営に熱中しており、たびたび衛臻が厳しく諫めた。

237年、「司空(しくう)」に昇進。

翌238年、「司徒(しと)」に昇進。

曹芳の正始(せいし)年間(240~249年)、衛臻は「長垣侯」に爵位が進み、封邑(ほうゆう)は1千戸となった。さらに息子ひとりが「列侯(れっこう)」に封ぜられる。

曹爽(そうそう)が実権を握ると、夏侯玄(かこうげん)を遣わし「尚書令(しょうしょれい)」を兼務してほしいと伝えさせたうえ、弟のため娘を嫁にもらいたいと求めたが、衛臻はいずれも承知しなかった。

やがて強く退官を願い出て認められ、一区画の邸宅と「特進(とくしん。三公に次ぐ待遇)」の位を賜り、三公と同額の恩給が支給される。

衛臻が死去(時期は不明)すると、「太尉(たいい)」の官位を追贈され「敬侯」と諡(おくりな)された。息子の衛烈が跡を継いだ。

管理人「かぶらがわ」より

父の衛茲が曹操の挙兵に尽力したため、その息子である彼も順調に昇進を重ね、ついには「司徒」まで昇りました。衛臻だけが禅譲の意義を明らかにして、漢の美徳を称揚したという件については、個人的にはあまり評価できません。

そういう態度を取っても彼の立場なら曹丕の不興を買うことはないでしょうし、みなで漢をけなしてしまえば、漢から禅譲を受けた魏も大したものではない、ということになりかねませんからね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】