盧毓(ろいく)

【この記事をシェアする】

【姓名】 盧毓(ろいく) 【あざな】 子家(しか)

【原籍】 涿郡(たくぐん)涿県(たくけん)

【生没】 183~257年(75歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・盧毓伝』あり。

公正な態度で適材の登用に努める。容城成侯(ようじょうのせいこう)

父は盧植(ろしょく)だが、母は不詳。3人の兄がいたものの、いずれも名は出てこない。廬欽(ろきん)と盧珽(ろてい)というふたりの息子がいたが、跡を継いだのは孫の盧藩(ろはん)。このほか華表(かひょう)の息子の華廙(かい)に嫁いだ娘もいた。

192年、盧毓は10歳で父を亡くし、幽州(ゆうしゅう)の動乱によりふたりの兄も失う。

袁紹(えんしょう)と公孫瓚(こうそんさん)の争いが続き、幽州や冀州(きしゅう)では食糧難に苦しむ。しかし、盧毓は夫を亡くした兄嫁と父を亡くした兄の子を養い、学問と品行をたたえられた。

211年、曹丕(そうひ)が「五官将(ごかんしょう。五官中郎将〈ごかんちゅうろうしょう〉)」になると、盧毓は召されて「門下賊曹(もんかぞくそう)」に任ぜられた。次いで崔琰(さいえん)の推挙を受け「冀州主簿(きしゅうのしゅぼ)」に転ずる。

このころ天下は草創期にあり、逃亡者が多かった。そのため士卒の逃亡に対する法律を厳しくし、妻子まで連座させていた。

逃亡した士卒の妻の白(はく)らは嫁いでまだ数日で、夫と顔を合わせてもいなかったが、大理(だいり。官名)は死刑にすべきと上言した。

盧毓は『詩経(しきょう)』『礼記(らいき)』『尚書(しょうしょ)』を引いて反対し、すでに白らは結納を受け取り、夫の家に入っているからには刑罰に処するのはやむを得ないが、死刑は重すぎると述べる。

これを聞いた曹操(そうそう)は盧毓の意見が正しいと感嘆。彼を「丞相法曹議令史(じょうしょうほうそうぎれいし)」とし、のち「西曹議令史(せいそうぎれいし)」に転任させた。

曹操が「丞相」を務めていた期間は208~220年。

213年、魏が建国された後、盧毓は「吏部郎(りぶろう)」となる。

220年、曹丕が帝位に即くと「黄門侍郎(こうもんじろう)」に移り、地方へ出て「済陰国相(せいいんこくのしょう)」「梁郡太守(りょうぐんのたいしゅ)」「譙郡太守(しょうぐんのたいしゅ)」を歴任。

曹丕は、郷里である譙へ大勢の民を移住させ屯田を行わせる。だが、譙の地は痩せていて民は困窮した。盧毓はこの様子を哀れんで上奏文を奉り、彼らを梁の肥沃(ひよく)な土地に移住させるよう主張し、曹丕の機嫌を損ねる。

曹丕は上奏を聴許したものの、心中で腹立たしく思う。そこで盧毓に移住者の統率を命じ、睢陽(すいよう)の「典農校尉(てんのうこうい)」に左遷した。

それでも盧毓は民に利益をもたらすことに努め、自ら視察した美田を選び住まわせる。民はそのような彼を頼りにしたという。のち「安平太守(あんぺいのたいしゅ)」や「広平太守(こうへいのたいしゅ)」に昇進し、いずれの任地でも恩恵と教化を行き渡らせた。

234年、盧毓は朝廷に入って「侍中(じちゅう)」となる。

このころ散騎常侍(さんきじょうじ)の劉劭(りゅうしょう)らが、曹叡(そうえい)の詔(みことのり)を受け刑法の制定にあたっていたが、まだ完成していなかった。

盧毓は上奏文を奉り、古今の刑法について論じたうえ、法を作る場合は一貫性と公正さを求めるべきで、姦吏(かんり)が私情を差し挟めるような矛盾点を残してはならないと述べた。

また、たびたび宮殿造営を諫め、曹叡の不興を買っていた侍中の高堂隆(こうどうりゅう)について、主君が聡明(そうめい)であるから臣下も正直(せいちょく)なのだとして、高堂隆のような者たちを容認するよう求めた。

こういう具合に、盧毓は侍中の任にあった3年の間、しばしば曹叡の政策に反対した。しかし曹叡は詔で盧毓の人柄や功績をたたえ、「吏部尚書(りぶしょうしょ)」に任ずる。その際、彼に後任を推薦させ、鄭沖(ていちゅう)・阮武(げんぶ)・孫邕(そんよう)の3人の中から孫邕を起用した。

237年2月に陳矯(ちんきょう)が死去してから、しばらく「司徒(しと)」は欠員となっていた。盧毓は初め無官の管寧(かんねい)を推薦したが、曹叡は起用する気になれず、改めて次善の候補者を尋ねる。

そこで盧毓は、篤実で品行の優れている太中大夫(たいちゅうたいふ)の韓曁(かんき)、清明で方正な司隷校尉(しれいこうい)の崔林(さいりん)、誠実で純粋な太常(たいじょう)の常林(じょうりん)の3人を推薦。

翌238年2月、曹叡は韓曁を「司徒」として起用した。

盧毓が人材を選抜する場合、先に性格や品行を問題とし、後で才能に触れた。黄門の李豊(りほう)から理由を尋ねられたとき、彼はこう答える。

「才能とは善を行うためにあるものだ。だから大才は大きな善を成し遂げ、小才は小さな善を成し遂げる。才能があると称揚されていても、善を行うことができないなら、それは才能が役に立たないということなのだ」

李豊らは彼の言葉に感服したという。

翌239年、曹芳(そうほう)が帝位を継ぐと、盧毓は「関内侯(かんだいこう)」に封ぜられた。

このころ曹爽(そうそう)が実権を握り、自分の勢力を府内に打ち立てようと考えており、盧毓を「僕射(ぼくや。尚書僕射)」に移し、侍中の何晏(かあん)を後任(「吏部尚書」)に充てる。

しばらくすると、さらに盧毓は「廷尉(ていい)」に移され、司隷校尉の畢軌(ひつき)もでたらめな上奏を受けて免職となった。こうした措置が世論の批判を浴びたため、盧毓は「光禄勲(こうろくくん)」に任ぜられる。

249年、曹爽らが逮捕されると、盧毓は太傅(たいふ)の司馬懿(しばい)から「司隷校尉」を兼務するように言われ、彼らの裁判を担当した。

のちに再び「吏部尚書」となり、「奉車都尉(ほうしゃとい)」の官位を加えられ「高楽亭侯(こうらくていこう)」に爵位が進む。

さらに「尚書左僕射(しょうしょさぼくや)」に転じたが、もとの通り官吏の選抜を担当し、「光禄大夫(こうろくたいふ)」の官位を加えられる。

254年、曹髦(そうぼう)が帝位を継ぐと「大梁郷侯(たいりょうきょうこう)」に爵位が進み、息子のひとりが「亭侯」に封ぜられた。

翌255年、鎮東将軍(ちんとうしょうぐん)の毌丘倹(かんきゅうけん)と揚州刺史(ようしゅうしし)の文欽(ぶんきん)が淮南(わいなん)で反乱を起こす。

このとき大将軍(だいしょうぐん)の司馬師(しばし)が討伐に向かったが、盧毓は後の諸事を取り仕切り「侍中」の官位を加えられた。

翌256年、盧毓は重病のため退官を願い出たが認められず、同年7月には「司空(しくう)」に昇進。すると彼は、驃騎将軍(ひょうきしょうぐん)の王昶(おうちょう)、光禄大夫の王観(おうかん)、司隷校尉の王祥(おうしょう)を自分の代わりとして強く推す。

それでも曹髦は詔を下して勅使を盧毓の屋敷に遣わし、印綬(いんじゅ)を授け「容城侯」に爵位を進める。封邑(ほうゆう)は2300戸だった。

翌257年、盧毓は75歳で死去して「成侯」と諡(おくりな)され、孫の盧藩が跡を継いだ。

管理人「かぶらがわ」より

公孫瓚や劉備(りゅうび)は盧植の下で学びましたが、盧毓はこのふたりには仕えなかったのですね。左遷されても、その地で励んで治績を上げるあたりに心の強さがうかがえます。

盧毓は官吏を登用する役目に長くありましたが、ずっと公正な態度を貫きました。人材の選抜で才能より性格や品行を重視する考え方など、なかなか深いなと感じました。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】