王匡(おうきょう) ※あざなは公節(こうせつ)、反董卓(とうたく)連合軍に参加した諸侯

【姓名】 王匡(おうきょう) 【あざな】 公節(こうせつ)

【原籍】 泰山郡(たいざんぐん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 第020話で初登場。
【演義】 第005回で初登場。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク

反董卓(とうたく)連合軍に参加した諸侯、性格には問題あり

父母ともに不詳。胡母班(こぼはん)に嫁いだ妹がいた。

王匡は財貨を軽んじ施し好きで、任俠(にんきょう)をもって知られていた。

大将軍(だいしょうぐん)の何進(かしん)に招かれると割り符を持ち徐州(じょしゅう)へ行き、強弩(きょうど)500張(ちょう)を徴発して洛陽(らくよう)へ運んだ。

189年8月、何進が宦官(かんがん)の誅滅に失敗し殺害されると、王匡は郷里へ帰る。しかしほどなく河内太守(かだいのたいしゅ)に起用された。

翌190年1月、山東(さんとう)の諸侯が反董卓を旗印に挙兵すると、彼も河内太守として呼応した。

王匡は、泰山郡の軍勢を河陽津(かようしん)に駐屯させ董卓を襲撃しようとした。また、韓浩(かんこう)を従事(じゅうじ)に任じ、軍勢をひきいて孟津(もうしん)へ向かわせ董卓軍と対峙させた。

これに対し、董卓は兵を出して平陰(へいいん)から河を渡るように見せかけ、その一方で密かに精鋭部隊を小平津(しょうへいしん)から北へ渡し、王匡の背後を突かせる。王匡は河陽津の北で董卓軍に大破され、配下の軍勢はほぼ壊滅した。

董卓は執金吾(しつきんご)の胡母班と将作大匠(しょうさくたいしょう)の呉脩(ごしゅう)に詔書を持たせ、袁紹(えんしょう)らに服従するよう呼びかけた。このとき王匡は袁紹の命を受け胡母班らを殺害した。

その後、これを恨んだ胡母班の身内の者が、曹操(そうそう)と協力して王匡を殺害(時期は不明)した。

スポンサーリンク

管理人「かぶらがわ」より

『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・常林伝〈じょうりんでん〉)には、王匡の性格を表した次のような話がありました。

「王匡が反董卓連合軍に参加したあと、書生たちを属県に遣り密かに官民の罪科を探らせた。こうして該当する者を逮捕し取り調べ、金銭や穀物で罪を購わせた。要求に応じずグズグズしていると、逮捕者の一族を皆殺しにしてしまい、そのことによって自身の威厳を高めていた」というもの。

そして「常林の叔父も、食客を鞭(むち)打ったことを書生に密告されたため逮捕された」ということでした。ただこのときは、常林が王匡と同県の胡母彪(こぼひゅう)を訪ねて自分の思いを述べ、胡母彪が王匡に手紙を送って責めたので、常林の叔父は許されています。

王匡の俠気(きょうき)の原資がこういう形で捻出されたものだったのなら、その親分的な評判も偽物ですね。

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました