王允(おういん)

【姓名】 王允(おういん) 【あざな】 子師(しし)

【原籍】 太原郡(たいげんぐん)祁県(きけん)

【生没】 137~192年(56歳)

【吉川】 第019話で初登場。
【演義】 第003回で初登場。
【正史】 登場人物。

呂布(りょふ)を手なずけ董卓(とうたく)誅殺を果たす

父母ともに不詳。王晨(おうしん)と王淩(おうりょう)は甥(ふたりとも兄の息子だという)。

192年4月、「司徒(しと)」を務めていた王允は、尚書僕射(しょうしょぼくや)の士孫瑞(しそんずい)らとともに呂布を抱き込み董卓の誅殺に成功した。

しかし同年5月、李傕(りかく)や郭シ(かくし。氵+巳)らが董卓の復讐と称して長安(ちょうあん)へ攻め寄せ、わずか10日で陥落させる。

翌6月に王允は処刑され、その屍(しかばね)が市場にさらされた。

管理人「かぶらがわ」より

『三国志』には王允の伝が立てられていないため、その事績もごく断片的なものしか拾えませんでした。

一方で范曄(はんよう)の『後漢書(ごかんじょ)』には彼の伝が立てられており、参考文献に挙げた『正史三國志群雄銘銘傳(せいしさんごくしぐんゆうめいめいでん)(増補・改訂版)』などを見ると、そちらにはもう少し具体的な記事があるようです。

『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・董卓伝)に付された「李傕伝」および「郭シ伝」の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く張璠(ちょうはん)の『漢紀(かんき。後漢紀〈ごかんき〉)』によると、優れた見識を持っていた名士の郭泰(かくたい)は、王允を見て高く評価し、「きみは1日に1千里(り)を行く名馬のような人だ。天子(てんし)を補佐する才能を持っている」と言ったそうです。郭泰のほうが先輩でしたが、こうして王允と親交を結んだのだとか。

また、王允は三公のいずれからも属官として招聘されるほどの人物で、「豫州刺史(よしゅうのしし)」を務めていたときには荀爽(じゅんそう)や孔融(こうゆう)を召し寄せて「従事(じゅうじ)」に取り立てています。

やがて王允は「司徒」となって(190年2月のこと)帝室を支えましたが、「そのやり方がすこぶる節義にかなっていたため、献帝(けんてい)を始めみな彼を頼りにしていた。董卓もまた王允を敬い信頼を寄せ、朝廷の政治を任せていた」ともありました。

なお、『三国志』(蜀書〈しょくしょ〉・先主伝〈せんしゅでん〉)の裴松之注に引く魚豢(ぎょかん)の『典略(てんりゃく)』によると、「王允が処刑されたあとその遺骸にあえて近づく者がいなかったとき、平陵県令(へいりょうけんれい)の趙戩(ちょうせん)が官を捨てて遺骸を収容した」とのことでした。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】