孫奉(そんほう)

【姓名】 孫奉(そんほう) 【あざな】 ?

【原籍】 呉郡(ごぐん)富春県(ふしゅんけん)

【生没】 ?~270年?(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

孫紹(そんしょう)の息子

父は孫紹だが、母は不詳。

孫奉は孫紹が死去(時期は不明)したためその跡(上虞侯〈じょうぐこう〉)を継いだ。

270年、孫晧(そんこう)は左夫人(さふじん)の王氏(おうし)を亡くした悲しみに耐えられず、数か月も人前に姿を見せなかった。

このとき呉(ご)の人々は「孫晧が死んでしまったのだ」とか「孫奮(そんふん)か上虞侯の孫奉が帝位に即くだろう」などとうわさした。

これが孫晧の怒りを買い、孫奉も孫奮やその5人の息子たちと同様に誅殺された。ただ、誅殺された年はイマイチはっきりしない。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。具体的な事績についての記事がなく、どのような人物だったのかはわかりませんでした。

孫奉は孫策(そんさく)の孫にあたりますが、どうやら彼の死によって、その血筋は絶えてしまったようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物データ 呉の孫氏
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました