陳容(ちんよう)

【姓名】 陳容(ちんよう) 【あざな】 ?

【原籍】 広陵郡(こうりょうぐん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・臧洪伝(そうこうでん)』に付された「陳容伝」あり。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

臧洪に付き従った烈士

父母ともに不詳。

陳容は臧洪と同郷で、若いころに書生となった。臧洪を親のように慕い、彼が東郡太守(とうぐんのたいしゅ)だったとき、その下で東郡丞(とうぐんのじょう)を務めた。

195年、臧洪が張超(ちょうちょう)の救援を巡り袁紹(えんしょう)と対立し、やがて袁紹軍による包囲を受けた。陳容は臧洪の命を受け城外へ出たものの、ほどなく城が陥落。臧洪は生け捕られたが、あくまで袁紹の態度を非難し続けた。

陳容は臧洪が処刑されそうになっているのを見て、袁紹に言った。

「将軍(しょうぐん)は大事業を興され、天下のため無法者を除き去るお考えのはず。ところが真っ先に処刑されようとしているのは忠義な人物。これは天意に合致した行いと申せましょうか?」

「臧洪さまが事を起こされたのは郡将(張超)のためです。なぜ殺そうとなさるのですか?」

袁紹は気がとがめたものの、側近の者に陳容を引きずり出させながら言った。

「お前は臧洪の仲間でもないのに、いい加減な気持ちでそのような態度を取ろうというのか!」

すると陳容は振り向いて言った。

「そもそも仁義とは、特定の者にしか持てないものでしょうか? これを実行する者は『君子』となり、これに背く者は『小人』となるのです。むしろ今日、臧洪さまと一緒に殺されようとも、将軍とともに生きようとは思いません」

こうして陳容もまた処刑されたが、袁紹のそばにいた者はそろってため息をつき、こっそり言い合った。

「何ということだ。一日のうちにふたりの烈士を殺してしまうとは……」

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。陳容の名が正史『三国志』に見えるのは上で挙げた臧洪に関するものだけなので、詳しい経歴などはわかりませんでした。
「群雄諸侯」収録人物一覧
三国志に登場する、諸侯クラスの人物の関連記事のリストです。こちらから各人の個別記事がご覧いただけます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物データ 群雄諸侯
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました