虞忠(ぐちゅう)

【姓名】 虞忠(ぐちゅう) 【あざな】 世方(せいほう)

【原籍】 会稽郡(かいけいぐん)余姚県(よようけん)

【生没】 ?~280年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。『呉書(ごしょ)・虞翻伝(ぐはんでん)』に付された「虞忠伝」あり。

晋(しん)への降伏を拒み、宜都城(ぎとじょう)とともに呉に殉ずる

父は虞翻だが、母は不詳。虞忠自身は五男。虞シ(ぐし。氵+巳。四男)は兄で、虞聳(ぐしょう。六男)と虞昺(ぐへい。八男)は弟。合わせて11人兄弟だったという。虞譚(ぐたん)という息子がいた。

虞忠は節操と実行力があり、優れた人物を見抜く能力も備えていた。陸機(りくき)を少年のころに見いだし、魏遷(ぎせん)を無名のころに評価したが、やがてふたりとも頭角を現し名を知られるようになった。

また、同県出身の王岐(おうき)は後ろ盾のない家柄だったが、虞忠は彼とも親しくする。のち王岐は昇進を重ねて「宜都太守(ぎとのたいしゅ)」になり、虞忠がその跡を引き継ぎ「宜都太守」となった。

279年、晋が呉へ大攻勢を仕掛けると、虞忠は夷道監(いどうかん)の陸晏(りくあん)や、その弟で中夏督(ちゅうかとく)の陸景(りくけい)とともに宜都に立てこもる。

そして翌280年、城の陥落とともに戦死した。

管理人「かぶらがわ」より

本伝には虞忠が「宜都太守」になったという一文しかないため、その裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く虞預(ぐよ)の『会稽典録(かいけいてんろく)』から多くを補いました。そのため詳しい事績はわかりませんでしたが、呉の滅亡時に奮戦した人物のひとりですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】