曹詢(そうしゅん)

【姓名】 曹詢(そうしゅん) 【あざな】 ?

【原籍】 譙郡(しょうぐん)譙県(しょうけん)

【生没】 231~244年(14歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 第107回で初登場。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

魏(ぎ)の曹叡(そうえい)の養子、秦王(しんおう)

実の父母ともに不詳。

『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・斉王紀〈せいおうぎ〉)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く孫盛(そんせい)の『魏氏春秋(ぎししゅんじゅう)』によると、「同じく曹叡の養子の曹芳(そうほう)ともども、任城王(じんじょうおう)の曹楷(そうかい)の息子」ともいわれる。

曹詢は235年に秦王に封ぜられ、244年に薨去(こうきょ)した。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。具体的な事績についての記事がなく、どのような人物だったのかはわかりませんでした。

『三国志』(魏書・明帝紀〈めいていぎ〉)の裴松之注に引く孫盛の『魏氏春秋』によると、「曹詢は曹芳より1歳年上だった」ということです。

もしふたりとも曹楷の息子だったのなら、年下の曹芳のほうを皇太子(こうたいし)に立てているのが気になります。実母の身分に大きな差があったのかもしれませんけど……。

『三国志』(魏書・斉王紀)の冒頭に、「斉王は諱(いみな)を芳、あざなを蘭卿(らんけい)という。明帝(曹叡)は子がなかったので斉王と秦王(曹詢)を養育していた。宮中の事柄は秘密に属するため、誰も彼らの経歴を知る者はいなかった」とあります。いきなりこう言われては、どうすることもできません。

ただ、曹叡は息子を授からなかったわけではなく、曹冏(そうけい。?~226年)・曹穆(そうぼく。?~229年)・曹殷(そういん。231~232年)という3人の息子たちはみな早くに亡くなってしまったのです。
「魏の曹氏」収録人物一覧
魏(ぎ)の曹操(そうそう)を中心とした一族の関連記事のリストです。こちらから各人の個別記事がご覧いただけます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
魏の曹氏 人物データ
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました