袁術(えんじゅつ) ※あざなは公路(こうろ)、反董卓(とうたく)連合軍に参加した諸侯

【姓名】 袁術(えんじゅつ) 【あざな】 公路(こうろ)

【原籍】 汝南郡(じょなんぐん)汝陽県(じょようけん)

【生没】 ?~199年(?歳)

【吉川】 第025話で初登場。
【演義】 第003回で初登場。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・袁術伝』あり。

スポンサーリンク

四世三公の名門も、帝位を僭称(せんしょう)し自滅

父は袁逢(えんほう)だが、母は不詳。袁基(えんき)と袁遺(えんい)は兄(袁基は同母兄。袁遺は従兄ともいう)で、袁紹(えんしょう)は異母兄。息子の袁燿(えんよう)は跡継ぎ。ほかに呉(ご)の孫権(そんけん)や黄猗(こうい)に嫁いだ娘もいた。

袁術は若いころ男気があることで知られていた。孝廉(こうれん)に推挙されて郎中(ろうちゅう)に任ぜられ、中央や地方の官職を歴任したのち折衝校尉(せっしょうこうい)・虎賁中郎将(こほんちゅうろうしょう)となった。

189年8月、大将軍(だいしょうぐん)の何進(かしん)が中常侍(ちゅうじょうじ)の段珪(だんけい)らに殺害されると、袁紹らとともに宮中へ乗り込み、宦官(かんがん)を皆殺しにした。

同年9月、董卓(とうたく)が少帝(しょうてい)を廃して弘農王(こうのうおう)に貶(おと)し、陳留王(ちんりゅうおう)の劉協(りゅうきょう)を帝位に即けた(献帝〈けんてい〉)。

袁術は董卓の意向で後将軍(こうしょうぐん)に任ぜられたものの、洛陽(らくよう)を脱して南陽(なんよう)に拠る。南陽郡は数百万の人口を有する大郡だったが、袁術は贅沢三昧(ぜいたくざんまい)で欲望のままに行動。際限なく税を取り立て人々を苦しめた。

197年春、寿春(じゅしゅん)で帝位を僭称。袁術の荒淫(こういん)や奢侈(しゃし)はますますひどくなり、後宮にいた数百人の女性はみなあやどりをした薄絹を身にまとい、上質の米や肉が有り余っていた。その一方、士卒は飢えと寒さに苦しむ。

袁術の支配下にある長江(ちょうこう)と淮河(わいが)に挟まれた地域には何ひとつなくなり、人々が互いに食い合うという惨状を呈した。だがこの年、袁術が呂布(りょふ)や曹操(そうそう)に相次いで敗れると、その勢力は急速に衰えた。

199年、皇帝(こうてい)の称号を袁紹に贈り、青州(せいしゅう)の袁譚(えんたん。袁紹の息子)のもとへ身を寄せようと考える。しかし、その道中で病を得て死去した。

主な経歴

生年は不詳。

-189年-
4月、霊帝(れいてい)が崩御(ほうぎょ)し少帝が即位。大将軍の何進は袁紹らと協力して宦官の誅滅を計画したものの、何太后(かたいこう)は許可しなかった。

何進が董卓を召し寄せ圧力をかけようとすると、中常侍や黄門侍郎(こうもんじろう)らは何進を訪ねて謝罪した。このとき袁紹は再三にわたり彼らを始末するよう勧めたが、何進は承知しなかった。

8月、何進が中常侍の段珪らにおびき出され、宮中で殺害される。これを受け袁術も袁紹らと宮中へ乗り込み、宦官を皆殺しにした。

段珪らは少帝と異母弟で陳留王の劉協を城外へ連れ出し小平津(しょうへいしん)まで逃走。段珪らは追い詰められて自殺し、少帝は洛陽に還幸することができた。

9月、董卓が少帝を廃して弘農王に貶し、陳留王の劉協を帝位に即ける(献帝)。これより先、董卓が少帝を廃そうとしていたとき、袁術は後将軍に任ぜられたものの洛陽を脱して南陽に拠った。

9月、董卓が何太后を毒殺。

-190年-
1月、南陽郡で挙兵。冀州牧(きしゅうぼく)の韓馥(かんふく)、豫州刺史(よしゅうしし)の孔伷(こうちゅう)、兗州刺史(えんしゅうしし)の劉岱(りゅうたい)、河内太守(かだいたいしゅ)の王匡(おうきょう)、勃海太守(ぼっかいたいしゅ)の袁紹、陳留太守(ちんりゅうたいしゅ)の張邈(ちょうばく)、広陵太守(こうりょうたいしゅ)の張超(ちょうちょう)、東郡太守(とうぐんたいしゅ)の橋瑁(きょうぼう)、山陽太守(さんようたいしゅ)の袁遺、済北国相(せいほくこくしょう)の鮑信(ほうしん)、長沙太守(ちょうさたいしゅ)の孫堅(そんけん)らとともに反董卓連合軍を結成。

それぞれ数万の軍勢を擁しており、諸侯の推挙を受けた袁紹が盟主の座に就く。このとき曹操は奮武将軍(ふんぶしょうぐん)を兼務した。

この年、董卓討伐のため南陽まで北上した長沙太守の孫堅が南陽太守(なんようたいしゅ)の張咨(ちょうし)を殺害。このため袁術は南陽郡に拠ることができた。

-191年-
春、袁紹が韓馥とともに幽州牧(ゆうしゅうぼく)の劉虞(りゅうぐ)を帝位に即けようとしたものの、劉虞が固辞したため断念。この際、袁術のもとに袁紹の使者が着き、劉虞を擁立する旨が伝えられた。

袁術は、漢(かん)王朝の衰退を見て密かに異心を抱いていたため、表向きは公義にかこつけ袁紹の提案を拒絶した。

袁術は袁紹と仲たがいし、やがて荊州刺史(けいしゅうしし)の劉表(りゅうひょう)ともうまくいかなくなると北方の公孫瓚(こうそんさん)と手を結ぶ。これに対し、袁紹は公孫瓚と不和だったことから南方の劉表と手を結んだ。

2月、董卓が郎中令(ろうちゅうれい)の李儒(りじゅ)に命じ、弘農王の劉辯(りゅうべん。少帝)を毒殺。

2月、董卓が献帝に迫り長安(ちょうあん)への遷都を強行。洛陽の住民を追い立てことごとく関中(かんちゅう)へ移らせる。一方で董卓は洛陽に留まり、畢圭苑(ひつけいえん)に駐屯した。

3月、董卓が洛陽に火を放つよう命じ、宮廟(きゅうびょう)や民家を焼き尽くす。

3月、董卓により、叔父で太傅(たいふ)の袁隗(えんかい)と兄で太僕(たいぼく)の袁基が殺害され、その一族も皆殺しになる。

-192年-
1月、袁紹と公孫瓚が界橋(かいきょう)で戦い、公孫瓚が大敗。

4月、司徒(しと)の王允(おういん)と尚書僕射(しょうしょぼくや)の士孫瑞(しそんずい)が呂布と共謀し董卓を誅殺。

6月、李傕(りかく)らが長安を陥す。李傕は袁術を味方に付けようと考え、彼を左将軍(さしょうぐん)に任じたうえ陽翟侯(ようたくこう)に封じ、節(せつ。権限を示すしるし)を与えた。

この年、袁術は袁紹との間に戦端を開き、公孫瓚に救援を要請。これを受けて公孫瓚は、劉備(りゅうび)を高唐(こうとう)に、単経(ぜんけい)を平原(へいげん)に、陶謙(とうけん)を発干(はっかん)に、それぞれ送り込む。しかし、袁紹と曹操の連合軍にみな討ち破られてしまった。

-193年-
?月、荊州牧(けいしゅうぼく)の劉表に糧道が断たれる。袁術は軍勢をひきいて陳留郡へ進攻し封丘(ほうきゅう)に駐屯。黒山(こくざん)の残党と匈奴(きょうど)の於夫羅(おふら)らの支援を受けた。

?月、曹操が匡亭(きょうてい)に攻め寄せる。袁術自ら駆けつけたものの大破され、封丘に退却。このあともたびたび曹操と戦って敗れ、襄邑(じょうゆう)、太寿(たいじゅ)、寧陵(ねいりょう)、九江(きゅうこう)と逃走。

3月、揚州刺史(ようしゅうしし)の陳温(ちんおん)を殺害し淮南(わいなん)に拠る。

陳温の死については、本伝の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く『英雄記(えいゆうき)』に異説がある。

10月、公孫瓚が劉虞を殺害。

この年、各地を巡行していた太傅(たいふ)の馬日磾(ばじつてい)から節を奪い取り、その身柄を拘留。ほどなく馬日磾は死去した。

袁術は若いころから往来のあった、沛国相(はいこくしょう)の陳珪(ちんけい)の助力を得ようと考え手紙を送った。そして、陳珪の次男の陳応(ちんおう)が下邳(かひ)にいたため彼を脅して人質に取り、何としても陳珪を呼び寄せようと計る。それでも陳珪は助力を拒み、返書を送りその旨を伝えてきた。

またこの年、身を寄せてきた孫策(そんさく)を受け入れ、もとの孫堅の部下を返してやる。

-195年-
冬、長安を離れていた献帝が李傕と郭汜(かくし)らに追撃され、曹陽(そうよう)で敗れる。袁術は群臣を集め、帝位に即きたいとの考えを述べて意見を求めた。主簿(しゅぼ)の閻象(えんしょう)だけが反対を唱え、このときは沙汰やみになった。

-196年-
7月、献帝が洛陽へ還幸。

8月、曹操の意向に従い、献帝が許(きょ)への遷都を決定。

-197年-
春、「天意を示す瑞兆(ずいちょう)が下った」という河内の張烔(ちょうけい)の説を採り上げ、寿春で帝位を僭称。この際、呂布のもとに使者を遣わし、その旨を伝える。

しかし呂布は袁術の使者を捕らえ、朝廷に書簡を奉った。袁術は立腹して呂布を攻めたものの討ち破られた。

?月、陳(ちん)に進攻したところ曹操が討伐に乗り出す。ここでも敗れ、配下の橋蕤(きょうずい)・李豊(りほう)・梁綱(りょうこう)・楽就(がくしゅう)を留めて逃げる。曹操は到着後に橋蕤らを撃破し、みな斬り殺した。

そこで袁術は、さらに淮水(わいすい)を渡り逃走。灊山(せんざん)にいた配下の雷薄(らいはく)と陳蘭(ちんらん)のもとまで行ったが受け入れてもらえなかった。

-199年-
3月、袁紹が易京(えきけい)の公孫瓚を包囲。公孫瓚は敗北を免れないと悟り、妻子を殺害したのち自殺(生け捕りにされたという異説もある)。

6月、皇帝の称号を譲ったうえで袁紹を頼ろうと考え、青州の袁譚のもとへ向かう道中、病を得て死去。

スポンサーリンク

管理人「かぶらがわ」より

袁術は、袁紹よりずっと前から簒奪(さんだつ)の野心を抱いていたようです。しかも、これは自分の野望を実現したいというだけで、民の暮らしを良くしたいとか、戦乱の世を終わらせたいといった類いのものではなかったらしい。

本伝の裴松之注に引く韋昭(いしょう。韋曜〈いよう〉)の『呉書(ごしょ)』には以下のようにありました。

(197年に曹操に敗れると、)袁術は配下の雷薄や陳蘭らに受け入れを拒まれて兵糧も尽きたため、寿春から80里(り)離れた江亭(こうてい)まで引き返します。ちょうど夏の盛りだったので、袁術は蜂蜜(ハチミツ)入りの飲み物が欲しいと思いましたが、残っていたのは麦のくずだけ。

彼は寝台に座り、しばらくため息をついていましたが、やがて大声で叫びます。

「袁術ともあろう者が、このようなザマになったのか!」

そして、1斗(と)余りの血を吐いて死んだということでした。

袁術が雷薄らのもとへ行ったのは197年のこと。そのあと199年6月に、袁術は袁譚のもとへ向かう道中で病死したということなので、なぜここで雷薄の話が使われていたのかはわかりませんでしたが、一応載せておきます。

当時から蜂蜜入りの飲み物というものがあったのかと、むしろそちらのほうに興味を引かれました。

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました