朱異(しゅい)

【この記事をシェアする】

【姓名】 朱異(しゅい) 【あざな】 季文(きぶん)

【原籍】 呉郡(ごぐん)呉県(ごけん)

【生没】 ?~257年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 第111回で初登場。
【正史】 登場人物。『呉書(ごしょ)・朱桓伝(しゅかんでん)』に付された「朱異伝」あり。

孫綝(そんりん)の怒りを買い処刑された将軍(しょうぐん)

父は朱桓だが、母は不詳。朱拠(しゅきょ)は従父(おじ)。

朱異は、父の朱桓が高位にあったことから「郎(ろう)」に任ぜられる。のち「騎都尉(きとい)」となり、父に代わって兵士を預かった。

241年、車騎将軍(しゃきしょうぐん)の朱然(しゅぜん)が魏(ぎ)の樊城(はんじょう)を攻めた際、朱異は呂拠(りょきょ)とともに城外の敵陣を撃破する功を立て、帰還後に「偏将軍(へんしょうぐん)」に任ぜられた。

また、魏の廬江太守(ろこうたいしゅ)の文欽(ぶんきん)が六安(りくあん)に本営を構えて、要路に多くの砦(とりで)を築き呉から逃亡者を呼び入れたうえ、国境地帯で略奪を働くと、朱異は配下の2千人をひきいて7つの砦を急襲し数百人の魏兵を斬る。この功により「揚武将軍(ようぶしょうぐん)」に昇進した。

250年、魏の文欽が呉への偽降を企て、朱異に宛てた密書を届け迎えの軍勢を出すよう求めてくる。朱異は文欽が送ってきた密書を付けて上表し、これは本心からの申し入れだと思えないため、迎えの軍勢を出すべきでないと述べた。

それでも孫権(そんけん)は文欽の計に乗せられる危険性を考慮したうえで、あえて呂拠に2万の軍勢をひきいさせ、朱異と共同で北方の国境へ向かわせる。結局、文欽が降伏してくることはなかった。

252年、朱異は「鎮南将軍(ちんなんしょうぐん)」に昇進。この年、魏の胡遵(こじゅん)や諸葛誕(しょかつたん)らが東興(とうこう)に侵攻してくると、朱異は水軍をもって浮橋を攻め、これを破壊することで魏軍を大敗させた。

257年、朱異は「大都督(だいととく)・仮節(かせつ)」となり、寿春(じゅしゅん)で挙兵したあと呉への投降を申し出た諸葛誕の救援に向かう。朱異は3万の軍勢をもって安豊(あんぽう)に本営を置き、寿春の外から魏軍を牽制(けんせい)しようとする。

ところが、魏の兗州刺史(えんしゅうしし)の州泰(しゅうたい)に陽淵(ようえん)で敗れ、さらに追撃を受けて2千の死傷者を出した。

戦況を知った呉の大将軍(だいしょうぐん)の孫綝は大動員をかけ、自ら鑊里(かくり)まで本営を進める。そこで朱異が命を受け、将軍の丁奉(ていほう)や黎斐(れいひ)らとともに5万の軍勢を指揮して魏軍を攻撃。この際、輜重(しちょう)は都陸(とりく)にとどめた。

朱異は黎漿(れいしょう)に本営を定めると、将軍の任度(じんたく)や張震(ちょうしん)らを遣り6千の決死隊を募らせる。決死隊は本営から西に6里(り)の所に浮橋を架け、夜陰に紛れて対岸へ渡り、偃月塁(えんげつるい)を築く。

しかし、魏の監軍(かんぐん)の石苞(せきほう)と州泰の攻撃を受けて敗れ、退却した呉軍は小高い場所に拠った。朱異は装甲を施した馬車を用意し、五木城(ごもくじょう)へ向かおうとする。

だが、またも石苞と州泰から攻撃され、敗れた朱異は軍勢を返そうとしたものの、魏の太山太守(たいざんたいしゅ)の胡烈(これつ)が奇策を用い、抜け道から都陸を襲撃。朱異の輜重はすべて燃やされてしまった。

それでも孫綝は新たに3万の軍勢を授けて決死の反撃を命ずるが、朱異はこの命令を拒否したため、ついに処刑された。

管理人「かぶらがわ」より

本伝によると孫権は朱異と戦について論じ合い、彼の考え方を評価したことがあり、驃騎将軍(ひょうきしょうぐん)の朱拠に、朱異の人物はうわさ以上だと話したそうです。

朱異はそのうわさにたがわぬ逸材でしたが、諸葛誕の救援に失敗したことで報われない最期を迎えてしまいましたね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】