邢顒(けいぎょう)

【姓名】 邢顒(けいぎょう) 【あざな】 子昂(しこう)

【原籍】 河間郡(かかんぐん)鄚県(ばくけん)

【生没】 ?~223年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・邢顒伝』あり。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

曹操(そうそう)の後継者問題で適切な助言

父母ともに不詳。息子の邢友(けいゆう)は跡継ぎ。

邢顒は孝廉(こうれん)に挙げられ、司徒(しと)の召命を受けたものの、いずれにも応じなかった。

200年ごろ、姓とあざなを変えて右北平(ゆうほくへい)へ赴き、田疇(でんちゅう)の客となる。

205年、曹操が冀州(きしゅう)を平定。その法令が厳正だと聞くと、邢顒は田疇に別れを告げ郷里へ帰った。邢顒は曹操と会い、自分が先導して柳城(りゅうじょう)を討ち破りたいと願い出、冀州従事(きしゅうのじゅうじ)に任ぜられた。

のち広宗県長(こうそうけんのちょう)を務めていたとき、旧知の将軍(しょうぐん)の喪を理由に官を捨てる。担当官吏から告発されたが曹操は問題にしなかった。

改めて邢顒は司空掾(しくうのえん)として召し出され、次いで行唐県令(こうとうけんのれい)に任ぜられる。

曹操が司空を務めていた期間は196~208年。

彼は県民に農耕や養蚕(ようさん)を奨励し、教化も大いに行き渡ったという。

中央に戻って丞相門下督(じょうしょうもんかとく)となり左馮翊(さひょうよく。左馮翊の長官)に昇進したが、病のために官を去った。

曹操が丞相を務めていた期間は208~220年。

当時、曹操の息子たちが盛んに属官を選抜しており、曹操の命令には、「侯家の役人は法律や制度を深く理解している点で、邢顒のような者を取り立てるべきだ」とあった。

邢顒は平原侯(へいげんこう。211~214年)の曹植(そうしょく)の家丞(かじょう)を務めることになる。しかし、彼は礼をもって取り締まりにあたり、曹植の言いなりにならない。そのためふたりの仲はうまくいかなくなった。

庶子(しょし。諸侯の家に置かれた官名)の劉楨(りゅうてい)は書簡をもって曹植を諫め、賢者である邢顒の扱いが粗略なことを不安視した。

邢顒は参丞相軍事(さんじょうしょうぐんじ)となり東曹掾(とうそうのえん)に転ずる。

それ以前のこと、まだ太子(たいし)が定まっておらず、臨菑侯(りんしこう。214~221年)の曹植が寵愛されていた。丁儀(ていぎ)らは曹植の美点を宣伝したが、邢顒は同調せず、曹操に賢察を求める意見を述べる。

217年、曹丕(そうひ)が王太子(おうたいし)に立てられると、邢顒は太子少傅(たいししょうふ)となり、のち太子太傅(たいしたいふ)に昇進。

220年、曹丕が帝位に即くと侍中(じちゅう)・尚書僕射(しょうしょぼくや)となり関内侯(かんだいこう)に封ぜられた。そのうち外部に出て司隷校尉(しれいこうい)を務めたあと太僕(たいぼく)に昇進する。

そして223年に死去し、息子の邢友が跡を継いだ。

管理人「かぶらがわ」より

日ごろから自分の行動規範にブレがなければさほどのことはないのでしょうけど、この辺りで採り上げられている人物は、曹操の後継者問題での発言や対応が、その後の命運を左右した観があります。

邢顒の場合は実際に曹植に仕えた時期もあったわけで――。兄の曹丕を退けて弟の曹植が王太子になるとどうなってしまうのか? その後の展開が読めていたようですね。
「魏の重臣」収録人物一覧
三国志に登場する、魏(ぎ)の重臣クラスの人物の関連記事のリストです。こちらから各人の個別記事がご覧いただけます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
魏の重臣 人物データ
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました