涼茂(りょうぼう)

【姓名】 涼茂(りょうぼう) 【あざな】 伯方(はくほう)

【原籍】 山陽郡(さんようぐん)昌邑県(しょうゆうけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・涼茂伝』あり。

学識を備えた能吏

父母ともに不詳。

涼茂は若いころから学問好きで、議論をするときは経典(けいてん)を根拠に判断を下した。曹操(そうそう)に招かれて「司空掾(しくうのえん)」となり、優秀な成績で推挙され「侍御史(じぎょし)」に転ずる。

曹操が「司空」を務めていた期間は196~208年。

当時の泰山(たいざん)には盗賊が多くいたが、涼茂が「泰山太守(たいざんのたいしゅ)」に任ぜられると、10か月の間に幼児を背負ってやってきた者が1千家以上もあったという。

のち「楽浪太守(らくろうのたいしゅ)」に転じたものの、遼東(りょうとう)の公孫度(こうそんたく)は涼茂を引き留め、任地へ行かせまいとした。それでも涼茂は屈せず、公孫度が曹操不在の鄴(ぎょう)を攻めると言いだすと、これを諫めたりもした。

その後、「魏郡太守(ぎぐんのたいしゅ)」や「甘陵国相(かんりょうこくのしょう)」を務め、涼茂は行く先々で治績を上げた。

211年、曹丕(そうひ)が「五官中郎将(ごかんちゅうろうしょう)」になると、涼茂はその「長史(ちょうし)」に選ばれ「左軍師(さぐんし)」に転じた。

213年、魏が建国されると「尚書僕射(しょうしょぼくや)」に昇進。「中尉(ちゅうい)」や「奉常(ほうじょう)」を歴任する。

曹丕が「王太子(おうたいし)」だったとき(217~220年初め)には「太子太傅(たいしたいふ)」を務め、大変な敬意と礼遇を受けた。そして、涼茂は在職中に死去(時期は不明)したという。

管理人「かぶらがわ」より

涼茂に関する記事は経歴の説明が多く、コメントしにくいです。目を引くのは公孫度への諫言ですが、このことについて裴松之(はいしょうし)が以下のような疑問を呈していました。

「本伝では『公孫度は曹公(曹操)が遠征し鄴に防備がないと聞いた』という。とすれば、太祖(たいそ。曹操)が鄴を平定した後のことである」

「(『三国志』の)『公孫度伝』を考察すると、公孫度は建安(けんあん)9(204)年に亡くなっている。太祖もこの年(204年)に鄴を平定しており、それ以後の遠征は(207年に)柳城(りゅうじょう)へ北征したことがあるだけだ。(曹操が)柳城を討伐した年、すでに公孫度は生きていなかった」

どこに誤りがあるのか(またはないのか)の判断がつかなかったので、この件は記事中でも詳しく採り上げませんでした。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】