張承(ちょうしょう)A ※あざなは「公先(こうせん)」

【この記事をシェアする】

【姓名】 張承(ちょうしょう) 【あざな】 公先(こうせん)

【原籍】 河内郡(かだいぐん)脩武県(しゅうぶけん)

【生没】 ?~218年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・張範伝(ちょうはんでん)』に付された「張承伝」あり。

正論を吐き袁術(えんじゅつ)の不興を買う

父は張延(ちょうえん)だが、母は不詳。張範は兄で張昭(ちょうしょう)は弟。張戩(ちょうせん)という息子がいた。

張承の家は名門で、祖父の張歆(ちょうきん)が「司徒(しと)」を、父の張延が「太尉(たいい)」を、それぞれ務めたことがあった。

張承は方正(ほうせい。官吏推挙の科目)として召され「議郎(ぎろう)」となり、のち「伊闕都尉(いけつとい)」に転ずる。

190年、董卓(とうたく)が乱を起こすと官職を辞し、兄弟たちとともに揚州(ようしゅう)へ避難。袁術から礼を尽くして招かれたが、兄の張範は病気と称して行こうとせず、袁術も無理に従わせようとはしなかった。

兄に代わり張承があいさつに出向くと、袁術はこう尋ねる。

「むかし周(しゅう)の王室が衰微したときには、斉(せい)の桓公(かんこう)や晋(しん)の文公(ぶんこう)による覇業があった。秦(しん)が政治を誤ったときには、漢(かん)が跡を受けて政権を握った。いま私は領地の広さ、配下の士卒や民衆の多さを利し、斉の桓公と同じ幸運を求め、漢の高祖(こうそ)の事績をまねたいと思うがどうだろうか?」

張承が答えた。

「徳義が問題であって強さは問題ではありません。よく徳を用いて天下の求めに同調されるなら、たとえ平民の身分から出発しても天下を支配することは困難ではないのです。しかしながら、もし分不相応なまねをされ、時勢に逆らった行動をされ、民衆にそっぽを向かれてしまえば、誰が功業を打ち立てることができましょう」

これを聞いた袁術は不機嫌になった。当時、曹操(そうそう)が冀州(きしゅう)の攻略に乗り出そうとしていたため、さらに袁術はこうも尋ねる。

「いま曹操は疲弊した数千の兵をもって、10万の軍勢(袁紹軍〈えんしょうぐん〉)に敵対するつもりでいる。これは力量を考えないものだが、きみはどう思うか?」

再び張承が答えた。

「漢の徳が衰えたと申しましても、いまだ天命は改まっておりません。いま曹操は天子(てんし。献帝〈けんてい〉)を擁し天下に号令しています。100万の軍勢に敵対したとしても問題はないでしょう」

また袁術は不愉快な様子を見せ、張承は彼のもとから辞去した。

204年、曹操が冀州を平定すると、兄の張範に迎えの使者がやってくる。張範は病気のため彭城(ほうじょう)にとどまったので、代わって張承が曹操のところへ行き「諫議大夫(かんぎたいふ)」に任ぜられた。

213年、魏が建国されると、張承は「丞相参軍祭酒(じょうしょうさんぐんさいしゅ)」として「趙郡太守(ちょうぐんのたいしゅ)」を兼ね、政治と教化が大いに行き渡ったという。

曹操が「丞相」を務めていた期間は208~220年。

218年、曹操が西征した際、張承は召されて「参軍事(さんぐんじ)」を務めたが、軍勢が長安(ちょうあん)まで来たところで病死した。

管理人「かぶらがわ」より

まずは先に採り上げた張範と同様、関連する人物についての補足から。このサイトでは同姓同名の人物がいる場合、記事タイトルや人物一覧などでは「○○A」「○○B」というふうに表記していますが、記事中のほかの部分では特に区別した表記にしていません。なので、今回のようなケースではわかりにくかったと思います。

張承の弟の張昭ですが、呉(ご)の元老である張昭(あざなは「子布〈しふ〉」)とはもちろん別人です。張承には具体的な事績に関する記事が少なかったのですが、袁術への返答など、その性格をうかがわせるものはありました。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】