程普(ていふ)

【姓名】 程普(ていふ) 【あざな】 徳謀(とくぼう)

【原籍】 右北平郡(ゆうほくへいぐん)土垠県(どぎんけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 第026話で初登場。
【演義】 第005回で初登場。
【正史】 登場人物。『呉書(ごしょ)・程普伝』あり。

孫氏(そんし)3代(孫堅〈そんけん〉・孫策〈そんさく〉・孫権〈そんけん〉)に仕え、数々の戦いをくぐり抜けた宿将

父母ともに不詳。程咨(ていし)という息子がいた。

初め程普は州や郡の役人となったが、立派な容貌と将来を見通す力を備えており、人との応対が巧みだった。

やがて孫堅に付き従うようになり、宛(えん)やトウ(登+阝)で黄巾賊(こうきんぞく)を討伐し、190年、陽人(ようじん)において董卓(とうたく)を撃破する。だが、程普は城攻めや野戦で多くの手傷を負ったという。

192年(もしくは191年)、孫堅が戦死すると、程普は跡を継いだ孫策に付き従い淮南(わいなん)へ行き、廬江(ろこう)を攻略。次いで長江(ちょうこう)を渡り東へ向かう。

孫策は横江(おうこう)や当利(とうり)で劉繇(りゅうよう)配下の張英(ちょうえい)や于麋(うび)らを討ち破り、秣陵(ばつりょう)・湖熟(こじゅく)・句陽(こうよう)・曲阿(きょくあ)の諸城を次々に降す。程普は一連の戦いに功があったため、兵2千人と騎馬50頭を加増された。

その後、孫策は烏程(うてい)・石木(せきもく)・波門(はもん)・陵伝(りょうでん)・余杭(よこう)を攻略したが、この一連の戦いでも程普は数多くの手柄を立てた。

196年、孫策が会稽(かいけい)に入ると、程普は「呉郡都尉(ごぐんのとい)」に任ぜられ銭唐(せんとう)に役所を置く。やがて「丹楊都尉(たんようのとい)」に転じて石城(せきじょう)へ移った。

程普は再び軍勢をひきいて宣城(せんじょう)・ケイ・安呉(あんご)・陵陽(りょうよう)・春穀(しゅんこく)で諸賊の討伐にあたり、これらすべてを平定。

孫策がケイ県で祖郎(そろう)を攻めた際、大勢の敵兵に囲まれてしまう。このとき程普がひとりの騎兵とともに大声を上げて突入し、孫策を救い出した。

のち程普は「盪寇中郎将(とうこうちゅうろうしょう)」に任ぜられ「零陵太守(れいりょうのたいしゅ)」を兼ねる。

199年、程普は孫策に付き従って尋陽(じんよう)で劉勲(りゅうくん)を討伐し、沙イ(さい)の黄祖(こうそ)攻めから帰還後は石城に駐屯。

翌200年、孫策が急死すると、程普は張昭(ちょうしょう)らとともに跡を継いだ孫権を補佐し、会稽・呉・丹楊の3郡を巡って不服従者を討伐した。

203年、程普は孫権の江夏(こうか)攻めに加わり、その帰途で豫章(よしょう)から本軍と分かれて楽安(らくあん)を平定。

206年、太史慈(たいしじ)の死去に伴い、程普が代わって海昏(かいこん)の守備を任される。

208年、程普は周瑜(しゅうゆ)とともに左右の「督(とく)」となり、曹操(そうそう)の大軍を烏林(うりん)で撃破(「赤壁〈せきへき〉の戦い」)。さらに南郡(なんぐん)の曹仁(そうじん)を攻め、翌209年には撤退に追いやる。功により「裨将軍(ひしょうぐん)・江夏太守」に任ぜられ、封邑(ほうゆう)として4県を賜った。

翌210年、周瑜が死去すると、程普は代わって「南郡太守」を務めた。

215年、孫権が劉備(りゅうび)との間で荊州(けいしゅう)を分割統治する取り決めを結ぶと、程普は「江夏太守」に転じ、「盪寇将軍」への昇進後に死去(時期は不明)した。

管理人「かぶらがわ」より

本伝によると、孫堅の時代から仕えた古参の部将の中で最年長だった程普は、人々に「程公」と尊称されていたということです。そして程普自身も他人への援助を惜しまず、広く士大夫と付き合ったのだとも。

彼が関わった城攻めは列挙できないほど多く、それでいて天寿を全うするあたり、みなに尊称されるにふさわしい名将でした。

ただ、孫堅との出会いに関する記事がなかったのがいくらか残念。程普は幽州(ゆうしゅう)の出身ですけど、どういう経緯で孫堅に仕えることになったのでしょうね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】