黄蓋(こうがい)A ※孫権(そんけん)配下の偏将軍(へんしょうぐん)

【姓名】 黄蓋(こうがい) 【あざな】 公覆(こうふく)

【原籍】 零陵郡(れいりょうぐん)泉陵県(せんりょうけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 第027話で初登場。
【演義】 第005回で初登場。
【正史】 登場人物。『呉書(ごしょ)・黄蓋伝』あり。

「赤壁(せきへき)の戦い」における大勝の立役者

父母ともに不詳。黄柄(こうへい)という息子がいた。

初め黄蓋は郡の役人となり、孝廉(こうれん)に挙げられ三公の役所から招かれたものの応じなかった。

189年、孫堅(そんけん)が義兵を起こすと配下に加わり、南方では山越(さんえつ。江南〈こうなん〉に住んでいた異民族)を撃破し、北方では董卓(とうたく)を敗走させる。黄蓋は功により「別部司馬(べつぶしば)」に任ぜられた。

192年(もしくは191年)、孫堅が戦死すると黄蓋は孫策(そんさく)に従い、200年に孫策が急死すると、今度は孫権(そんけん)に付き従う。

そして各地を転戦し、自ら先頭に立ち諸城の攻略を進めた。山越が従わなかったり盗賊の被害に苦しむ県があると、いつも黄蓋が起用され統治にあたった。

こうして石城(せきじょう)・春穀(しゅんこく)・尋陽(じんよう)など9つの県で長官を務めたが、いずれの任地でも平穏をもたらす。やがて「丹楊都尉(たんようのとい)」に昇進すると、かの地の豪族を抑えて弱者を保護し、山越を手なずけた。

黄蓋は威厳のある容貌をしていたが、配下の者への気遣いも忘れなかったため、いざ討伐というときにはみな先を争ってよく戦ったという。

208年、周瑜(しゅうゆ)に付き従い赤壁で曹操(そうそう)を大破する。黄蓋が献策した火計が勝利の決め手となったため、功により「武鋒中郎将(ぶほうちゅうろうしょう)」に任ぜられた。

のち武陵(ぶりょう)の異民族が反乱を起こすと黄蓋が「武陵太守(ぶりょうのたいしゅ)」に起用される。

黄蓋は郡兵が500人しかいないことを知り打って出ず、反乱軍を城内に誘い込んだうえ数百人を斬る。残りの者は自分の集落に戻ったが、黄蓋はそのうち首謀者だけを誅殺し、ほかの者はみな許した。

春から夏の間に郡内の反乱はすべて平定され、遠く巴(は)・醴(れい)・由(ゆう)・誕(たん)などの部族の有力者たちも、手厚い礼をもって目通りを求めるようになる。

のち益陽(えきよう)が山越の攻撃を受けると黄蓋が討伐にあたり「偏将軍(へんしょうぐん)」に任ぜられたが、在官のまま病死(時期は不明)した。

管理人「かぶらがわ」より

本伝の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く韋昭(いしょう。韋曜〈いよう〉)の『呉書』によると、黄蓋は「南陽太守(なんようのたいしゅ)」を務めた黄子廉(こうしれん)の子孫で、祖父の時代に零陵へ移住したということです。

黄蓋は幼いころに父を亡くし、たいへんな苦労を重ねたといいますが、志は大きく、貧しい境遇にあっても努力を怠らず、薪(たきぎ)を拾う合間に上表文の書き方を学び、兵法を研究していたともありました。

また別に本伝には、黄蓋は決断が速く事を引き延ばすことがなかったとあるので、反乱の討伐といった任務に向いていたのでしょうね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】