孫氏(そんし)J ※孫輔(そんほ)の娘

【姓名】 孫氏(そんし) ※名とあざなは不詳

【原籍】 呉郡(ごぐん)富春県(ふしゅんけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

孫輔(そんほ)の娘

父は孫輔だが、母は不詳。孫興(そんこう)・孫昭(そんしょう)・孫偉(そんい)・孫昕(そんきん)は、みな兄弟。

孫氏は駱統(らくとう)に嫁いだ。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。具体的な事績についての記事がなく、どのような人物だったのかはわかりませんでした。

『三国志』(呉書〈ごしょ〉・駱統伝)によると、212年、駱統は20歳で烏程国相(うていこくのしょう)として試用され、大いに治績を挙げたそうです。

「孫権(そんけん)はこのことを喜び、駱統を召し寄せて功曹(こうそう)に任じ、騎都尉(きとい)の官を与えたうえ従兄の孫輔の娘を嫁がせた」ともありました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物データ 呉の孫氏
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました