曹騰(そうとう) ※あざなは季興(きこう)、魏(ぎ)の高皇帝(こうこうてい)

【姓名】 曹騰(そうとう) 【あざな】 季興(きこう)

【原籍】 沛国(はいこく)譙県(しょうけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 第243話で初登場。
【演義】 第001回で初登場。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク

魏(ぎ)の曹操(そうそう)の祖父、後漢(ごかん)時代の大宦官(だいかんがん)、高皇帝(こうこうてい)

父は曹節(そうせつ)だが、母は不詳。

『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・武帝紀〈ぶていぎ〉)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く司馬彪(しばひゅう)の『続漢書(しょくかんじょ)』によると「父の曹節はあざなを元偉(げんい)といい、平素から温情深い人だと評判が高かった。曹節の長男は伯興(はくこう)、次が仲興(ちゅうこう)、次が叔興(しゅくこう)といい、曹騰は(末子で)あざなを季興といった」という。

以下の主な経歴も、裴松之注に引かれた『続漢書』によるもの。

主な経歴

-?年-
年少のころ黄門(こうもん)の従官に任ぜられる。

-120年-
皇太子(こうたいし。のちの順帝〈じゅんてい〉)の学友のひとりに選ばれる。

-125年-
順帝が即位し小黄門(しょうこうもん)に任ぜられる。のちに中常侍(ちゅうじょうじ)・大長秋(だいちょうしゅう)まで昇進。宮中に30余年、4人の皇帝(安帝〈あんてい〉・順帝・沖帝〈ちゅうてい〉・質帝〈しつてい〉)に仕えて一度も落ち度がなかった。

-146年-
桓帝(かんてい)が即位し、費亭侯(ひていこう)に封ぜられたうえ特進(とくしん)の位を与えられる。

-229年-
魏を建国した曹丕(そうひ)から高皇帝と追尊される。

スポンサーリンク

管理人「かぶらがわ」より

この曹騰が養子に迎えたのが曹嵩(そうすう)、曹嵩の息子が曹操ということになります。

上で引かれている『続漢書』によれば、曹騰は優れた人物を引き立てることが好きで、決して悪口を言ったり損害を与えたりすることがなかったそうです。

彼が推挙した人物のうち、陳留(ちんりゅう)の虞放(ぐほう)や辺韶(へんしょう)、南陽(なんよう)の延固(えんこ)や張温(ちょうおん)、弘農(こうのう)の張奐(ちょうかん)、潁川(えいせん)の堂谿典(どうけいてん)らはみな高官に出世したものの、曹騰は恩着せがましい態度を取らなかったとも言います。

また、蜀郡太守(しょくぐんのたいしゅ)が計吏(けいり。会計報告のため都に上る地方官)を遣って曹騰に表敬したとき、益州刺史(えきしゅうしし)の种暠(ちゅうこう)が蜀郡太守を告発したうえ、「内臣であるのに外部と通交している」として曹騰の裁判を求めたことがありました。

この要請は却下されたものの、曹騰はそのことを意に介さず种暠を称賛し、「お上に仕える際の節義を心得ている」と述べました。

そして、のちに司徒(しと)となった种暠は、「公(三公)になれたのは曹常侍(そうじょうじ。曹騰)のおかげだ」と語ったということです。

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました