曹叔興(そうしゅくこう)

【姓名】 曹叔興(そうしゅくこう) ※叔興はあざな

【原籍】 沛国(はいこく)譙県(しょうけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

曹節(そうせつ)の三男で曹騰(そうとう)の三兄

父は曹節だが、母は不詳。

『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・武帝紀〈ぶていぎ〉)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く司馬彪(しばひゅう)の『続漢書(しょくかんじょ)』に名のみ登場。「曹節には4人の息子があり、長男が伯興(はくこう)、次が仲興(ちゅうこう)、次が叔興といい、曹騰は(末子で)あざなを季興(きこう)といった」という。

管理人「かぶらがわ」より

彼の弟が曹騰で、その曹騰の養子に迎えられたのが曹嵩(そうすう)、曹嵩の息子が曹操(そうそう)ということになります。

上に引かれた部分に加え、『三国志』(魏書・武文世王公伝〈ぶぶんせいおうこうでん〉)の裴松之注に引く孫盛(そんせい)の『魏氏春秋(ぎししゅんじゅう)』にも名のみ登場。「曹冏(そうけい。曹叡〈そうえい〉の息子とは別人)は曹叔興の子孫」だということですが、いずれにせよ事績には触れられていません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
魏の曹氏 人物データ
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました