閻行(えんこう)

【この記事をシェアする】

【姓名】 閻行(えんこう) 【あざな】 彦明(げんめい)

【原籍】 金城郡(きんじょうぐん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

馬超(ばちょう)を討ち取っていたかもしれない勇士

父母ともに不詳。妻は韓遂(かんすい)の娘だった。

閻行は少年のころから勇敢さをもって評判が高く、韓遂の部将として付き従う。

196年、韓遂と馬騰(ばとう)が対立し、互いに攻め合うようになる。馬騰の息子の馬超も武勇の評判が高かったが、閻行は彼と闘い、討ち取る寸前まで追い詰めたこともあった。

翌197年、司隷校尉(しれいこうい)の鍾繇(しょうよう)と涼州牧(りょうしゅうぼく)の韋端(いたん)の説得を受け、韓遂と馬騰が和解。

209年、閻行が韓遂の使者として鄴(ぎょう)の曹操(そうそう)を訪ねると、彼の上表により「犍為太守(けんいのたいしゅ)」に任ぜられる。

閻行は、父を宮中の警護に加えてほしいと願い出たうえ韓遂のもとへ戻り、曹操に従うよう勧めた。韓遂は様子を見たいと思ったが、ほどなく自分の息子と閻行の父母を遣ることにした。

この年、武威太守(ぶいたいしゅ)の張猛(ちょうもう)が背き、涼州刺史(りょうしゅうしし)の邯鄲商(かんたんしょう)を殺害。

翌210年、韓遂が張猛の討伐に向かい、閻行は残って留守を預かる。

このころ馬超が反逆を企み、韓遂を「都督(ととく)」に立てて手を結ぼうとした。閻行は諫めたものの聞き入れられず、翌211年、韓遂は華陰(かいん)まで進軍する。

同年9月、韓遂と馬超らが曹操と戦って敗走すると、閻行は韓遂とともに金城へ帰った。

翌212年、曹操は都にいた馬騰ら一族、さらに韓遂の息子や孫を処刑。ただ、以前に閻行の思いを聞いていたため、彼の父母は助けおく。

韓遂は閻行の父が生きていると聞き、これを曹操に処刑させることにより、閻行の気持ちが揺らがないよう計る。そこで閻行に自分の末娘を無理に娶せたところ、やはり曹操は閻行に疑念を持った。

のち閻行は韓遂の命を受け、西平(せいへい)を治めることになる。この機に乗じた閻行は配下をひきい、湟中(こうちゅう)で韓遂と戦って敗れ、家族を連れ曹操のもとへ逃れた。曹操は上奏し、閻行を「列侯(れっこう)」に封じたという。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。

閻行の名は、『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・張既伝〈ちょうきでん〉)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く魚豢(ぎょかん)の『典略(てんりゃく)』および魚豢の『魏略(ぎりゃく)』にのみ見えているようです。このうち『魏略』のほうには、のち閻行が「艶(えん)」と改名した、という記事もありました。

閻行は戦場で馬超を追い詰めたこともあったそうですが、曹操に仕えた後の事績がわからないのは残念ですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】