孫泰(そんたい)

【姓名】 孫泰(そんたい) 【あざな】 ?

【原籍】 呉郡(ごぐん)富春県(ふしゅんけん)

【生没】 ?~234年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

孫匡(そんきょう)の息子

父は孫匡、母は曹氏(そうし)。息子の孫秀(そんしゅう)は跡継ぎ。

孫泰は長水校尉(ちょうすいこうい)となった。

234年、孫権(そんけん)に付き従って魏(ぎ)の合肥新城(ごうひしんじょう)を包囲した際、流れ矢に当たり戦死した。

息子の孫秀が跡を継いだものの、270年に孫晧(そんこう)から圧力をかけられたことがきっかけで晋(しん)へ亡命した。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。

『三国志』(呉書〈ごしょ〉・孫匡伝)には「孫泰が曹氏の甥にあたる」とあります。これは孫泰の母が曹操(そうそう)の弟の娘であるためです。

この件について吉川『三国志』(第112話)および『三国志演義』(第29回)では、曹仁(そうじん)の娘が孫匡に嫁いだことになっています。しかし『三国志』(呉書・孫策伝〈そんさくでん〉)では、「曹操が弟の娘を孫策の末弟の孫匡に縁付けた」とありました。

最初は原文の「乃以弟女配策小弟匡」に「従(従弟)」が抜けている可能性もあるのではないかと考えたりもしたのですけど、その確率はゼロに近そうなので一般的な解釈(孫匡に嫁いだのは曹操の弟の娘であり、曹仁の娘ではない)に改めました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物データ 呉の孫氏
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました