孫奮(そんふん)

【姓名】 孫奮(そんふん) 【あざな】 子揚(しよう)

【原籍】 呉郡(ごぐん)富春県(ふしゅんけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。『呉書(ごしょ)・孫奮伝』あり。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

呉(ご)の孫権(そんけん)の息子、斉王(せいおう)、章安侯(しょうあんこう)

父は孫権、母は仲氏(ちゅうし)。

孫登(そんとう)・孫慮(そんりょ)・孫和(そんか)・孫霸(そんは)は兄で、孫休(そんきゅう)と孫亮(そんりょう)は弟。孫魯班(そんろはん)と孫魯育(そんろいく)に加え劉纂(りゅうさん)に嫁いだ姉妹もいた。名は不詳だが、5人の息子がいたことがうかがえる。

孫奮は252年1月に斉王に封ぜられ、武昌(ぶしょう)に住んだ。同年4月、孫権が崩御(ほうぎょ)し弟の孫亮が帝位を継いだ。

遺詔により実権を握った太傅(たいふ)の諸葛恪(しょかつかく)は、諸王が長江(ちょうこう)沿いの軍事的な要地にいることを好まず、孫奮を豫章(よしょう)へ移そうとした。

しかし、孫奮は腹を立てて命令に従わず、しばしば法をないがしろにする行動を取る。諸葛恪が手紙を送って諫めると、恐れを抱いた孫奮は南昌(なんしょう)へ移った。だが頻繁に狩猟に出かけ、属官をひどく苦しめたという。

翌253年10月、孫亮が孫峻(そんしゅん)と計って諸葛恪を誅殺すると、孫奮は長江を下って蕪湖(ぶこ)に留まり、あわよくば建業(けんぎょう)へ乗り込み、事の成り行きに乗じようとした。

傅相(ふしょう)の謝慈(しゃじ)らが諫めたが、孫奮は彼らを殺害してしまう。孫奮はこのことで罪に問われ、身分を貶(おと)して庶民とされ、章安県へ移された。

のち258年になり、孫亮の詔(みことのり)によって改めて章安侯に封ぜられた。

270年、孫晧(そんこう)の左夫人(さふじん)だった王氏(おうし)が死去。孫晧は悲しみに耐えられず、数か月間も人前に姿を見せなかった。

そのため呉の人々は「孫晧が死んでしまったのだ」とか「章安侯の孫奮か上虞侯(じょうぐこう)の孫奉(そんほう)が帝位に即くだろう」などとうわさした。

孫奮の母である仲氏の墓が豫章にあった。豫章太守(よしょうたいしゅ)の張俊(ちょうしゅん)はうわさを信じ、仲氏の墓を掃除させた。

この話を聞いた孫晧は激怒し、張俊を車裂きにしたうえ一族をも皆殺しにした。さらに、孫奮と5人の息子たちを誅殺し封国を廃した。

管理人「かぶらがわ」より

孫奮が孫晧に誅殺された時期というのがイマイチはっきりしません。本伝からは270年の出来事とも受け取れますが……。

『三国志』(呉書・孫晧伝)には、鳳皇(ほうおう。鳳凰)3(274)年の出来事として次のような記事があります。

「会稽郡(かいけいぐん)で『章安侯の孫奮が天子(てんし)になるだろう』という妖言が広まった。またこのころ、臨海太守(りんかいたいしゅ)の奚熙(けいき)は、会稽太守の郭誕(かくたん)に書簡を送り国政を非難していた」

「郭誕は孫晧に、奚熙の(国政を非難した)書簡のことは上言したが、(孫奮が天子になるだろうという)妖言については上言しなかったということで、建安(けんあん)へ送られ船を造る労役に充てられた」

「一方で孫晧は三郡督(さんぐんとく)の何植(かしょく)を遣わし奚熙を捕らえようとしたが、奚熙は兵を集めて守りを固め、海路を遮断した。ところが、奚熙の子飼いの兵が奚熙を殺害。奚熙の首は建業へ送られ、その一族も皆殺しになった」というもの。

この274年の記事にも章安侯の孫奮が登場しているわけです。そうなると孫奮の誅殺は270年ではないことになりますよね? ここは疑問が残りました。何か見落としている記事があるのか、解釈が誤っているところがあるのか――。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物データ 呉の孫氏
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました