孫霸(そんは)

【姓名】 孫霸(そんは) 【あざな】 子威(しい)

【原籍】 呉郡(ごぐん)富春県(ふしゅんけん)

【生没】 ?~250年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。『呉書(ごしょ)・孫霸伝』あり。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

呉(ご)の孫権(そんけん)の息子、魯王(ろおう)

父は孫権、母は謝氏(しゃし。謝姫〈しゃき〉)。

孫登(そんとう)・孫慮(そんりょ)・孫和(そんか)は兄で、孫奮(そんふん)・孫休(そんきゅう)・孫亮(そんりょう)は弟。孫魯班(そんろはん)と孫魯育(そんろいく)に加え劉纂(りゅうさん)に嫁いだ姉妹もいた。

孫基(そんき)と孫壱(そんいつ)という息子がいた。妃は劉基(りゅうき。劉繇〈りゅうよう〉の長男)の娘。

孫霸は242年8月に魯王に封ぜられた。同年1月には兄の孫和が皇太子(こうたいし)に立てられたものの、孫権は孫霸にも目をかけ、孫和と同等の待遇を与えたのである。

やがて孫霸と孫和の間がしっくりいかなくなり、そのうわさは孫権にも届いた。孫権は賓客がふたりのもとに行き来することを禁じ、学問に努めるよう命じた。

245年、督軍使者(とくぐんししゃ)の羊衜(ようどう)が孫権に上疏し、ふたりが賓客と交際することを許し、腹心として任命できるようにすべきだと述べた。

この当時、全寄(ぜんき)・呉安(ごあん)・孫奇(そんき)・楊竺(ようじく)らが孫霸と結託し、皇太子の孫和の地位を脅(おびや)かそうと企んだ。

そのうち孫和への讒言(ざんげん)が効き、250年に孫和は皇太子を廃されたものの、孫霸には自殺が命ぜられた。

管理人「かぶらがわ」より

孫霸と孫和の間で後継者争いが巻き起こったのは、父の孫権の態度が原因でした。こういった区別をしっかりしないと、国が滅びかねないのですね。

孫霸がその気になったのは父の厚遇の影響が大きいと思うので、いくらか気の毒な感じもします。ただ、自分を担ごうとする勢力に乗っかってしまうあたり、ホントにその気があったのでしょう。

初めに皇太子に立てられた孫登の死は不幸な出来事でしたが、そのあとの後継者の変遷については孫権の判断ミスだと思います。
「呉の孫氏」収録人物一覧
呉(ご)の孫権(そんけん)を中心とした一族の関連記事のリストです。こちらから各人の個別記事がご覧いただけます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物データ 呉の孫氏
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました