孫異(そんい)

【姓名】 孫異(そんい) 【あざな】 ?

【原籍】 呉郡(ごぐん)富春県(ふしゅんけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 第117回で初登場。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

孫韶(そんしょう)の息子

父は孫韶だが、母は不詳。孫楷(そんかい)と孫越(そんえつ)は兄で、孫奕(そんえき)と孫恢(そんかい)は弟。

孫異は領軍将軍(りょうぐんしょうぐん)まで昇った。

263年11月、孫異は丁封(ていほう)とともに沔中(べんちゅう)へ進軍し、魏(ぎ)を牽制(けんせい)することで蜀(しょく)を援護しようとした。しかし、蜀の劉禅(りゅうぜん)が魏に降伏したことが伝わると、こうした軍事行動は取りやめとなった。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。具体的な事績についての記事がほとんどなく、どのような人物だったのかはわかりませんでした。
「呉の孫氏」収録人物一覧
呉(ご)の孫権(そんけん)を中心とした一族の関連記事のリストです。こちらから各人の個別記事がご覧いただけます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物データ 呉の孫氏
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました