劉昂(りゅうこう)

【姓名】 劉昂(りゅうこう) 【あざな】 ?

【原籍】 ?

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 第077話で初登場。
【演義】 第020回で初登場。
【正史】 登場せず。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

創作された人物か? 劉貞(りゅうてい)の息子、沛侯(はいこう)

管理人「かぶらがわ」より

正史『三国志』には見えない人物です。劉貞までは『漢書(かんじょ)』に名が見えますが、そのあとに挙げられている人物の詳細はわかりませんでした。

吉川『三国志』、『三国志演義』とも、劉備が献帝(けんてい)に初めて拝謁した際、劉備の話した出自に興味を持った献帝が、系譜(系図)を取り寄せて確認させる場面で名が出てきます。

吉川『三国志』では、景帝(けいてい)-劉勝(りゅうしょう)-劉貞-劉昂-劉禄(りゅうろく)-劉恋(りゅうれん)-劉英(りゅうえい)までを挙げたあと続きを省略し、劉雄(りゅうゆう)-劉弘(りゅうこう)-劉備とつないでいました。

『三国志演義』では劉英のあとも省略せず、劉英-劉建(りゅうけん)-劉哀(りゅうあい)-劉憲(りゅうけん)-劉舒(りゅうしょ)-劉誼(りゅうぎ)-劉必(りゅうひつ)-劉達(りゅうたつ)-劉不疑(りゅうふぎ)-劉恵(りゅうけい)-劉雄-劉弘-劉備とつないでいました。

まぁこの両者は何が言いたいのかというと、「劉備は確かに景帝の末裔(まつえい)なのですよ!」ってこと。そして、曹操(そうそう)からの圧力を感じていた献帝が、「おぉ、朕(ちん)にかような皇叔(こうしゅく)がおったとは!」ってこと。創作としては感動の名シーンだと思いますが、それぞれの爵位も含め突っ込みどころ満載です。
「蜀の劉氏」収録人物一覧
蜀(しょく)の劉備(りゅうび)を中心とした一族の関連記事のリストです。こちらから各人の個別記事がご覧いただけます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物データ 蜀の劉氏
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました