馬良(ばりょう)

【姓名】 馬良(ばりょう) 【あざな】 季常(きじょう)

【原籍】 襄陽郡(じょうようぐん)宜城県(ぎじょうけん)

【生没】 187~222年(36歳)

【吉川】 第169話で初登場。
【演義】 第052回で初登場。
【正史】 登場人物。『蜀書(しょくしょ)・馬良伝』あり。

夷陵(いりょう)に散った白眉の才人

父母ともに不詳。馬謖(ばしょく)は弟で、ほかに兄が3人いたと思われる。息子の馬秉(ばへい)は跡継ぎ。

馬良は5人の兄弟みな秀才との評判が高く、郷里では「馬氏の五常(ごじょう)、白眉最も良し」と言ったほど。これは馬良の眉に白い毛が交じっていたため、特に彼を「白眉」と呼んだものだった。

馬良の兄弟全員のあざなに「常」の文字が含まれていたことから「五常」と称されたという。

208年、劉備(りゅうび)が荊州(けいしゅう)の南部を治めるようになると、馬良は召されて「従事(じゅうじ)」に任ぜられた。

211年、劉備は益州(えきしゅう)に入り、214年には諸葛亮(しょかつりょう)らも続いて荊州から益州へ向かったが、馬良は荊州にとどまる。

この年、劉備が成都(せいと)で劉璋(りゅうしょう)を降した後、馬良は「左将軍掾(さしょうぐんえん)」に転じた。

このとき劉備は漢(かん)の「左将軍」だった。

のち馬良が呉(ご)へ使者として遣わされると、孫権(そんけん)は敬意をもって応対したという。

221年、劉備が帝位に即くと馬良は「侍中(じちゅう)」に任ぜられる。

この年、劉備が孫権討伐を強行した際、馬良は武陵(ぶりょう)へ赴き、五渓(ごけい)の異民族を帰順させることに成功。

翌222年、劉備は夷陵で孫権配下の陸遜(りくそん)に大敗したが、このとき馬良は戦死。まだ36歳だった。息子の馬秉が跡を継いだ。

管理人「かぶらがわ」より

馬良や馬謖を含めた馬氏の兄弟については、ことわざにまでなったという優秀さが(正史の)『三国志』からイマイチ伝わってこないのが残念でした。

ただ本伝には、214年に雒城(らくじょう)の陥落を荊州で知った馬良が、諸葛亮に送った手紙の内容が載せられており、その中で諸葛亮を「尊兄」と呼んでいることから、裴松之(はいしょうし)は、馬良と諸葛亮が義兄弟の契りを結んでいたか、共通の親戚がいたのだろうと推測していました。

ちなみに諸葛亮は181年生まれなので、187年生まれの馬良より6歳年上になります。いずれにせよ、諸葛亮とそれほど親しかったのなら、馬良には評判どおりの見どころがあったのでしょう。

221年に始まった劉備の東征でしたが、結局は国力を浪費しただけに終わりました。軍資の消失もさることながら、以後の蜀を担うはずの馬良ら逸材の戦死は計り知れない痛手となりましたね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】