劉巴(りゅうは)A ※あざなは「子初(ししょ)」

【姓名】 劉巴(りゅうは) 【あざな】 子初(ししょ)

【原籍】 零陵郡(れいりょうぐん)烝陽県(じょうようけん)

【生没】 ?~222年(?歳)

【吉川】 第194話で初登場。
【演義】 第062回で初登場。
【正史】 登場人物。『蜀書(しょくしょ)・劉巴伝』あり。

いったん劉備(りゅうび)を避けたものの、結局は仕えることになった名士

父は劉祥(りゅうしょう)だが、母は不詳。

劉巴は若いころから有名で、たびたび荊州牧(けいしゅうぼく)の劉表(りゅうひょう)に招かれ、茂才(もさい)に推挙されたものの、いずれにも応じなかった。

208年、曹操(そうそう)が荊州へ進出し、時を同じくして劉表が死去すると樊城(はんじょう)にいた劉備は江南(こうなん)へ逃走した。この際、荊や楚(そ)の士人は雲のごとく劉備に付き従ったが、劉巴は曹操のもとへ行く。

劉巴は曹操から「掾(えん)」に任ぜられ、長沙(ちょうさ)・零陵・桂陽(けいよう)の3郡を帰順させるよう命ぜられる。

しかし、劉備がこの3郡を先に攻略してしまったため役目を果たすことができず、そのまま遠く交阯(こうし。交趾)に向かう。劉備は劉巴が去ったと聞き、たいそう残念がったという。

その後、劉巴は交阯から蜀へ入る。

214年、劉備が成都(せいと)で劉璋(りゅうしょう)を降すと、劉巴は先の罪(劉備ではなく曹操のもとへ行ったこと)を陳謝したが、劉備はとがめなかった。

さらに諸葛亮(しょかつりょう)が称賛のうえ推薦したので、劉巴は召されて「左将軍西曹掾(さしょうぐんせいそうえん)」に任ぜられた。

このとき劉備は漢(かん)の「左将軍」だった。

219年、劉備が「漢中王(かんちゅうおう)」になると、劉巴は「尚書(しょうしょ)」に転じ、のち法正(ほうせい。220年没)に代わって「尚書令(しょうしょれい)」を務めた。

劉巴は清潔で質素な暮らしを実践し、財産を増やそうとしなかったという。また、劉備に仕えた経緯が自分の意思に沿ったものではなかったので、他人に疑いを持たれることを恐れ、慎んで沈黙を守り、退庁後に個人的な交際をせず、公事に関係のない発言も控えた。

221年、劉備が帝位に即くと、皇天上帝(こうてんじょうてい。天の神)と后土神祇(こうどしんぎ。地の神)にその旨を報告したが、この時の文章や任命書などはみな劉巴の起草したものだった。

翌222年、劉巴は死去した。

管理人「かぶらがわ」より

本伝の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く『零陵先賢伝(れいりょうせんけんでん)』には、劉巴と張飛(ちょうひ)にまつわる話が載せられていました。

あるとき張飛が劉巴のところに泊めてもらったことがあったそうです。ですが劉巴は言葉を交わそうとせず、張飛を激怒させました。

この話を聞いた諸葛亮が劉巴に言います。

「張飛はまったくの武人ながら、きみを敬慕している。それに主公(劉備)は今まさに文武の力を結集し、大業を定めようとしておられる。あなたは高い天分をお持ちだが、いくらかご自身の思いを抑えていただきたい」

すると劉巴が応えました。

「大丈夫(だいじょうふ)の処世というのは四海の英雄と交際するのが当然です。なぜ武人などと語り合う必要がありましょうか」

劉巴から見れば、いくら将軍の張飛でも自分の話し相手には甚だ不足だったのですね。それにしても、名士と呼ばれる人たちの扱いというのは難しい。

とはいえ『三国志』(蜀書・伊籍伝〈いせきでん〉)には、劉巴が諸葛亮・法正・李厳(りげん)・伊籍とともに「蜀科(しょくか。蜀の法律)」を作ったともあるので、蜀のためにしっかり働いていた様子はうかがえます。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】