韓馥(かんふく)

【姓名】 韓馥(かんふく) 【あざな】 文節(ぶんせつ)

【原籍】 潁川郡(えいせんぐん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 第021話で初登場。
【演義】 第005回で初登場。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

反董卓(とうたく)連合軍に参加した諸侯だが、袁紹(えんしょう)に冀州牧(きしゅうのぼく)の地位を奪われる

父母ともに不詳。息子がいたことがうかがえるものの、名は出てこない。

189年、董卓が実権を握ると、韓馥は御史中丞(ぎょしちゅうじょう。尚書〈しょうしょ〉とも)から冀州牧に起用された。

このころ州内には勃海太守(ぼっかいたいしゅ)の袁紹がいたが、韓馥は彼が董卓に反抗して挙兵することを恐れ、数人の従事(じゅうじ)を遣って監視させ動きを封じていた。

そのうち東郡太守(とうぐんたいしゅ)の橋瑁(きょうぼう)が、都にいる三公から回付される公文書を偽造し、董卓の悪行を書き並べ義軍の決起を促す。

この公文書を受け取った韓馥は、董卓に助力すべきか袁紹に助力すべきか迷ったが、治中従事(ちちゅうじゅうじ)の劉子恵(りゅうしけい)の進言に従い、自らは口火を切らず他州の動きを見守ることにした。そして、袁紹に書簡を送り董卓の悪事を述べ、彼の挙兵を認めた。

翌190年1月、こうして山東(さんとう)の諸侯が反董卓を旗印に挙兵すると、韓馥もこの動きに呼応。このとき韓馥は鄴(ぎょう)に、袁紹は河内(かだい)に、張邈(ちょうばく)・劉岱(りゅうたい)・橋瑁・袁遺(えんい)は酸棗(さんそう)に、袁術(えんじゅつ)は南陽(なんよう)に、孔伷(こうちゅう)は潁川に、それぞれ駐屯していた。しかし諸侯の足並みがそろわず、やがて連合軍は自然解散した。

翌191年春、韓馥は袁紹とともに劉虞(りゅうぐ)を皇帝(こうてい)に擁立しようとしたものの、劉虞に固辞されたため失敗。

このことから韓馥と袁紹が不仲になると、袁紹は幽州(ゆうしゅう)の公孫瓚(こうそんさん)に使者を遣わし、冀州を餌に、軍勢を南下させるよう誘いかけた。これに乗った公孫瓚は董卓討伐を名目に冀州へ侵入し、韓馥の軍勢は安平(あんぺい)で撃破された。

同年4月、董卓が長安(ちょうあん)へ入ると、袁紹は軍勢を延津(えんしん)まで戻し、韓馥のいる鄴に迫る。

韓馥が、公孫瓚と袁紹の両者の圧力を受けおびえていたところ、袁紹の使者として高幹(こうかん)や荀諶(じゅんしん)らがやってきた。韓馥は彼らの話を聞き、冀州を袁紹に譲る決意を固めた。

これに対し長史(ちょうし)の耿武(こうぶ)、別駕(べつが)の閔純(びんじゅん)、治中の李歴(りれき)が冀州の譲渡に反対。また、従事の趙浮(ちょうふ)と程奐(ていかん)も兵を出し抵抗したいと願ったが、韓馥はいずれの意見も退けた。

同年7月、韓馥は官邸を出、かつてもとの中常侍(ちゅうじょうじ)の趙忠(ちょうちゅう)が住んでいた屋敷に移る。さらに息子に冀州牧の印綬(いんじゅ)を託し、黎陽(れいよう)で袁紹に手渡すよう命じた。

やがて韓馥は袁紹に辞去を願い出、張邈のもとに身を寄せた。その後、張邈のところに袁紹の使者がやってきた際、相談することがあったため使者が張邈に耳打ちをした。

ちょうど同席していた韓馥は、ふたりが自分への処置を講じていると思い込み、しばらくして席を立つと、厠(かわや)へ行き自殺(時期は不明)してしまった。

管理人「かぶらがわ」より

韓馥は大きな州の統治者という感じではないですよね。彼を董卓に推挙した、周毖(しゅうひ)や許靖(きょせい)にも問題がありそう。冀州牧として赴任しなければもう少し長く生きられたでしょうから、何だか気の毒な最期でした。

とはいえ厠から逃げるのではなく、そのまま自殺してしまうとは――。これは性格が慎重すぎるのではなく、何か別の問題を抱えていたのかもしれませんね。
「群雄諸侯」収録人物一覧
三国志に登場する、諸侯クラスの人物の関連記事のリストです。こちらから各人の個別記事がご覧いただけます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物データ 群雄諸侯
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました