橋玄(きょうげん)

【姓名】 橋玄(きょうげん) 【あざな】 公祖(こうそ)

【原籍】 梁国(りょうこく)睢陽県(すいようけん)

【生没】 110~184年(75歳)

【吉川】 第023話で初登場。
【演義】 第001回で初登場。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

三公すべてを歴任して清廉さを称えられる、若き日の曹操(そうそう)を高く評価した

父母ともに不詳。

170年9月、橋玄は大鴻臚(だいこうろ)から司空(しくう)に任ぜられた。

翌171年3月、司徒(しと)に転じたものの、7月には罷免される。

178年12月、光禄大夫(こうろくたいふ)から太尉(たいい)に任ぜられる。しかし翌179年3月には病のため罷免される。

その後、太中大夫(たいちゅうたいふ)として療養生活を送り、184年に死去。このとき75歳だったという。

管理人「かぶらがわ」より

『三国志』には橋玄の伝が立てられていないため、その事績もごく断片的なものしか拾えませんでした。

一方で范曄(はんよう)の『後漢書(ごかんじょ)』には彼の伝が立てられており、『正史三國志群雄銘銘傳 増補・改訂版』(坂口和澄〈さかぐち・わずみ〉著 潮書房光人社)などを見ると、そちらにはもう少し具体的な記事があるようです。

『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・武帝紀〈ぶていぎ〉)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く張璠(ちょうはん)の『漢紀(かんき。後漢紀〈ごかんき〉)』によると、「橋玄は内外の職を歴任し、剛毅果断によって評判を取った」ということです。

「一方で士人に対しては謙虚な態度でへりくだり、高官や親戚であるなど、個人的な関係で動かされることがなかった」とも。「そして橋玄が亡くなると、その家は貧しくて財産もほとんどなく、柩(ひつぎ)を安置する場所さえなかった。当時の人はこの様子を見て名臣として称えた」のだと。

また「武帝紀」とその裴松之注には、橋玄が何顒(かぎょう)とともに、まだ無名だったころの曹操を高く評価した話が出てきます。

橋玄から許子将(きょししょう。許劭〈きょしょう〉)を紹介されたことが、曹操が世に出るきっかけとなっていますし、こうしたことからも橋玄はその後の歴史に大きな影響を与えたと言えるでしょう。

曹操も恩を忘れることはなく、202年に浚儀(しゅんぎ)に赴き睢陽渠(すいようきょ。運河の名)を改修させた際、使者を遣り太牢(たいろう。牛・羊・豕〈イノコ〉)を捧げ、橋玄を祭っています。

それからずっとあとの225年にも、曹操の息子の曹丕(そうひ)が梁を訪れた際に、やはり使者を遣り太牢を捧げ、橋玄を祭っています。曹操や曹丕にはこういう一面もあるのですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物データ 群雄諸侯
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました