士壱(しいつ)

【姓名】 士壱(しいつ) 【あざな】 ?

【原籍】 蒼梧郡(そうごぐん)広信県(こうしんけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。『呉書(ごしょ)・士燮伝(ししょうでん)』に付された「士壱伝」あり。

士燮の弟

父は士賜(しし)だが、母は不詳。士燮は兄で、士イ(しい)と士武(しぶ)は弟。士匡(しきょう)という息子がいた。

士壱は、もともと郡の「督郵(とくゆう)」を務めていた。

交州刺史(こうしゅうしし)の丁宮(ていきゅう)が都に召し還されることになったとき、士壱は心を込めて送別した。感激した丁宮は別れに臨み言った。

「もし私がいずれ三公の職を務めるようになったら、きっとあなたを召し寄せよう」

188年8月、丁宮は「司徒(しと)」に昇り、先の言葉どおりに士壱を召し寄せた。ところが彼が都に着いたとき、すでに丁宮は「司徒」を免ぜられており(189年7月のこと)、189年9月から黄琬(こうえん)が代わって務めていた。それでも黄琬も士壱を礼遇した。

董卓(とうたく)が乱を起こし、190年2月に長安(ちょうあん)への遷都を強行すると、士壱は官を捨て郷里へ帰った。

交州刺史の朱符(しゅふ)が異民族の反乱により殺害されると、州郡は乱れて収拾がつかなくなった。

そこで士燮が上表し、士壱を「合浦太守(ごうほのたいしゅ)」に、士イを「九真太守(きゅうしんのたいしゅ)」に、士武を「南海太守(なんかいのたいしゅ)」に、それぞれ任ずるよう願い出て認められた。

士氏兄弟はそれぞれ「太守」を務め州の実力者となった。しかも、治めた州郡が都から遠く離れていたため並ぶ者のない権勢を振るい、独尊の地位を保つことができた。

210年、孫権(そんけん)が歩騭(ほしつ)を「交州刺史」として赴任させた。歩騭が着任すると、士壱は士燮ら兄弟とともに支配下に入った。

建安(けんあん。196~220年)の末年、士燮が息子の士廞(しきん)を人質として孫権のもとへ遣ったところ、孫権は士燮を「武昌太守(ぶしょうのたいしゅ)」に任じ、士燮や士壱の息子で南方に留まっている者たちをみな「中郎将(ちゅうろうしょう)」に任じた。

士燮は益州(えきしゅう)の豪族の雍闓(ようかい)らに働きかけ、郡民をまとめて孫権に味方させた。こうしたことからますます孫権は士燮を評価し、「衛将軍(えいしょうぐん)」に昇進させ「龍編侯(りょうへんこう)」に封じた。士壱も「偏将軍(へんしょうぐん)」に任じ「都郷侯(ときょうこう)」に封じた。

226年に士燮が死去すると、その息子の士徽(しき。士壱の甥)が跡を継いだ。

孫権は交阯(こうし。交趾)が遠く離れた地にあることから、合浦以北を分割して「広州(こうしゅう)」とし、呂岱(りょたい)を「広州刺史(こうしゅうのしし)」に起用した。そして交阯以南は「交州」とし、戴良(たいりょう)を「交州刺史」に起用した。さらに陳時(ちんじ)を遣わし、士燮の後任の「交阯太守」に充てようとした。

士徽は「交阯太守」を称して抵抗したものの、呂岱の言葉に騙(だま)される形で兄弟ともども処刑されてしまった。その後、士壱は弟の士イや息子の士匡とともに出頭し、孫権から死罪を許された。

士壱らは、士燮が人質に差し出していた息子の士廞(士壱の甥)とともに、みな官位を剝奪され「庶民」の身分に貶(おと)された。さらに数年後、士壱と士イは法に触れ処刑された。

管理人「かぶらがわ」より

本伝の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く韋昭(いしょう。韋曜〈いよう〉)の『呉書』によると、黄琬が董卓といがみ合っていたとき、士壱は心を尽くして黄琬のために働き高い評判を得たということです。

董卓は彼を憎み、「司徒掾(しとえん)の士壱は官に任用してはならない」との教(きょう。役所に送る公式の布告)を出しました。この教により士壱は何年も昇進できず、そうこうしているうちに董卓が関中(かんちゅう)へ遷都したので、官を捨て故郷へ帰ったのだと。

ですが、この記事にはいくらか引っかかるところがあります。黄琬が「司徒」に任ぜられたのは189年9月のこと。そして、董卓の長安遷都は190年2月(ただし、董卓自身の長安入りは翌191年4月)のこと。

士壱が洛陽(らくよう)到着直後に黄琬の「司徒掾」になったのだとしても……。それから黄琬のために働いて高い評判を得、これを憎んだ董卓の教が出たのであれば、そのことで士壱が何年も昇進しなかったのはおかしい気がします。

帰郷したあとの士壱には目立った事績がないようですけど、死罪を許された数年後、法に触れたという理由で処刑ですか……。孫権も露骨な手段で士氏の族滅に動きましたね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】