士徽(しき)

【姓名】 士徽(しき) 【あざな】 ?

【原籍】 蒼梧郡(そうごぐん)広信県(こうしんけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。『呉書(ごしょ)・士燮伝(ししょうでん)』に付された「士徽伝」あり。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

士燮の息子、呉(ご)の孫権(そんけん)に抵抗するも、呂岱(りょたい)の言葉を信じて破滅

父は士燮だが、母は不詳。士祗(しし)は兄で、士幹(しかん)・士頌(ししょう)・士廞(しきん)はみな弟か? また、このほかにも兄弟がいたことがうかがえる記事もある。

226年、士徽は士燮が死去したためその跡を継いだ。孫権から安遠将軍(あんえんしょうぐん)に任ぜられ九真太守(きゅうしんのたいしゅ)を兼ねる。

孫権は交阯(こうし。交趾)が遠く離れた地にあることから、合浦(ごうほ)以北を分割して「広州(こうしゅう)」とし、呂岱を広州刺史(こうしゅうのしし)に起用した。

そして交阯以南は「交州(こうしゅう)」とし、戴良(たいりょう)を交州刺史に起用した。さらに陳時(ちんじ)を遣わし、士燮の後任の交阯太守に充てようとした。

呂岱が南海郡(なんかいぐん)まで来て留まり、戴良と陳時は合浦郡まで進んだが、ここで士徽が交阯太守を称し、配下の兵を動かして戴良の着任を阻もうとする。やむなく戴良は合浦に留まった。

士徽配下の桓鄰(かんりん)は士燮に取り立てられた役人だったが、彼が叩頭(こうとう)し戴良を「太守」として受け入れるよう諫めた。士徽は腹を立て、桓鄰を鞭(むち)打って殺害した。

これを受け、桓鄰の兄の桓治(かんち)と息子の桓発(かんはつ)が配下の兵を糾合して士徽を攻めた。士徽は門を閉ざし、城に立てこもって防戦した。桓治らは数か月にわたり攻めたものの勝てず、和約を結び引き揚げることになった。

呂岱は詔(みことのり)により士徽の誅殺を命ぜられ、広州から軍勢をひきい交阯へ急行。途中の合浦で戴良と合流して進んだ。

士徽の従兄弟で中郎将(ちゅうろうしょう)の士匡(しきょう)は、以前から呂岱と付き合いがあった。そこで呂岱は士匡を師友従事(しゆうじゅうじ)に任じた。そのうえ前もって交阯の役所へ公文書を送り、反乱に加わった者の悲惨な末路について教え諭しておく。

士匡は呂岱に士徽を説得するよう頼まれたが、その際に呂岱は「士徽は郡守(太守)の官こそ失うだろうが、そのほかの罰を受ける心配はない」と請け合った。

こうして呂岱の意を受けた士匡が士徽を説得。ほどなく呂岱が到着すると、士徽は士祗・士幹・士頌らとともに肩脱ぎ(降伏の意を表す。「肌脱ぎ」としたほうがいいかも?)になって出迎えた。

呂岱は士徽らにねぎらいの言葉をかけ、衣服を整えさせると、郡の役所のすぐそばまで進む。翌朝には早くから幔幕(まんまく)を張り巡らせ、士氏兄弟を順番に中へ呼び入れ、賓客らもみな座に就いた。

ところが呂岱は節(せつ。権限を示すしるし)を手に立ち上がり、詔書を読み上げ士徽の罪を列挙した。左右の者が呂岱の言葉に応じ士徽らを縛って連れ出すと、その場でみな処刑してしまい、彼らの首は武昌(ぶしょう)へ送られた。

管理人「かぶらがわ」より

士燮の死後、孫権は交州を分割することで士氏一族の勢力を削ぐ動きに出ました。士徽には孫権の支配下に入ったままでいる手もあったのでしょうが、その先の展開は見えています。この動きに対しては抵抗やむなし、でしょうか?

士徽は士匡が伝えた呂岱の言葉に騙(だま)されたわけですが、呉の勢力が交州まで進出してくる状況では、仮に徹底抗戦しても住民が迷惑するだけだったかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事(広告を含む)

関連記事(広告を含む)

人物データ 群雄諸侯
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました