士燮(ししょう) ※あざなは威彦(いげん)

【姓名】 士燮(ししょう) 【あざな】 威彦(いげん)

【原籍】 蒼梧郡(そうごぐん)広信県(こうしんけん)

【生没】 137~226年(90歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。『呉書(ごしょ)・士燮伝』あり。

スポンサーリンク

卓越した判断力で90年の天寿を全う

父は士賜(しし)だが、母は不詳。士壱(しいつ)・士䵋(しい)・士武(しぶ)はみな弟。士祗(しし)・士徽(しき)・士幹(しかん)・士頌(ししょう)・士廞(しきん)という5人の息子(兄弟順は不明)がいた。

士燮の先祖はもともと魯国(ろこく)の汶陽県(ぶんようけん)の人だったが、王莽(おうもう)のため天下が混乱に陥ると交州(こうしゅう)へ避難した。

それから6代目にあたるのが父の士賜で、桓帝(かんてい。在位146~167年)の時代に日南太守(にちなんのたいしゅ)を務めた。

士燮は若いころ都で学問に励み、劉陶(りゅうとう。185年没)に師事して『左氏春秋(さししゅんじゅう)』を修めた。孝廉(こうれん)に推挙され尚書郎(しょうしょろう)に任ぜられたが、仕事上のトラブルに巻き込まれて免職となる。

父の喪が明けたあと、今度は茂才(もさい)に推挙されて南郡(なんぐん)の巫県令(ふけんのれい)に任ぜられ、のち交阯太守(こうしのたいしゅ。交趾太守)に昇進した。

交州刺史(こうしゅうしし)の朱符(しゅふ)が異民族の反乱により殺害されると、州郡は乱れて収拾がつかなくなった。

そこで士燮は上表し、士壱を合浦太守(ごうほのたいしゅ)に、士䵋を九真太守(きゅうしんのたいしゅ)に、士武を南海太守(なんかいのたいしゅ)に、それぞれ任ずるよう願い出て認められた。

士燮は温厚なうえ、謙虚な態度で人に接した。中原(ちゅうげん。黄河〈こうが〉流域)の士人の中には、彼のもとへ身を寄せ難を避ける者が数百人もいた。

また士燮は特に『春秋』を好み、その注釈を著す。袁徽(えんき)が荀彧(じゅんいく)に送った手紙の中で彼の優れた見識を激賞するなど、学者からも高く評価されていた。

士氏兄弟はそれぞれ太守を務め州の実力者となった。しかも、治めた州郡が都から遠く離れていたため並ぶ者のない権勢を振るい、独尊の地位を保つことができた。

朱符の死後、朝廷は張津(ちょうしん)を交州刺史として赴任させたが、のち部将の区景(おうけい)に殺害されてしまう。

このとき荊州牧(けいしゅうぼく)の劉表(りゅうひょう)が独自に頼恭(らいきょう)を送り込み、張津の後任に充てようとした。ちょうど蒼梧太守の史璜(しこう)も死去したので、劉表は呉巨(ごきょ)をその後任に充てようとし、頼恭とともに赴任させた。

朝廷は劉表の動きを知ると、士燮に璽書(じしょ)を下して綏南中郎将(すいなんちゅうろうしょう)に任じ、南海・蒼梧・鬱林(うつりん)・合浦・交趾(交阯)・九真・日南の7郡を監督するよう命じた。交阯太守の任もこれまで通りとされた。

その後、士燮は張旻(ちょうびん)を遣わし都へ貢納品を届けさせた。当時は天下が混乱の極みにあり、各地の道路も通じなくなっていたが、士燮は貢納の義務を果たし続けた。

このため特に重ねて詔(みことのり)が下され、安遠将軍(あんえんしょうぐん)に任ぜられたうえ龍度亭侯(りょうたくていこう)に封ぜられた。

のち呉巨は頼恭と仲たがいし、軍勢を動かして追い払いにかかり、頼恭は零陵(れいりょう)へ逃げ帰った。

210年、孫権(そんけん)が歩騭(ほしつ)を交州刺史として赴任させた。歩騭が着任すると、士燮は弟たちとともに支配下に入る。一方で呉巨は表面的にしか服従せず、翌211年に歩騭に斬られた。士燮は孫権から左将軍(さしょうぐん)に任ぜられた。

建安(けんあん。196~220年)の末年、士燮が息子の士廞を人質として孫権のもとへ遣ったところ、孫権は士燮を武昌太守(ぶしょうのたいしゅ)に任じ、士燮や士壱の息子で南方に留まっている者たちをみな中郎将に任じた。

士燮は益州(えきしゅう)の豪族の雍闓(ようかい)らに働きかけ、郡民をまとめて孫権に味方させた。こうしたことからますます孫権は士燮を評価し、衛将軍(えいしょうぐん)に昇進させ龍編侯(りょうへんこう)に爵位を進めた。さらに士壱も偏将軍(へんしょうぐん)に任じ都郷侯(ときょうこう)に封じた。

士燮は孫権のもとへ使者を遣わすとき、いつも珍宝や珍品を大量に貢納した。士壱も孫権に数百頭の馬を貢納することがあった。孫権はこうした品々を受け取るたびに手紙を送り、手厚く下賜品を授け彼らの気持ちに応えた。

226年、士燮は郡にあること40余年にして死去。このとき90歳だった。

スポンサーリンク

管理人「かぶらがわ」より

本伝の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く葛洪(かつこう)の『神仙伝(しんせんでん)』によると、「士燮が病死してすでに3日経っていたとき、仙人の董奉(とうほう)がやってきて丸薬をひとつ与え、『士燮に飲ませるように』と言った」ということです。

「そして、丸薬を水とともに口に含ませ、頭を持って揺り動かし飲み込ませたところ、しばらくして士燮が目を開け、手を動かし、顔色も徐々に良くなった。半日後には立ったり座ったりできるようになり、4日後には再び話せるようになった」のだと。

この話はいったい何なの? とも思いましたが、一応拾っておきます。

ちなみにこの注は、士氏兄弟がそれぞれ太守を務め権勢を振るった様子が描かれている部分に付けられており、士燮が90歳で亡くなったという記事より少し前に出てきます。

士燮が交阯太守(交趾太守)だったとき重い病にかかり、董奉の丸薬で復活を遂げたということなのでしょうか?

後漢(ごかん)時代の末期から三国時代にかけてはいくつもの半独立勢力がありました。ある者は討伐されたり、ある者は帰順したりするわけですが、この士燮の立ち回りは見事だったと思います。まぁ、こうでなくては……。90年もの長寿は保てないか。

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました