劉琰(りゅうえん)

【姓名】 劉琰(りゅうえん) 【あざな】 威碩(いせき)

【原籍】 魯国(ろこく)

【生没】 ?~234年(?歳)

【吉川】 第278話で初登場。
【演義】 第091回で初登場。
【正史】 登場人物。『蜀書(しょくしょ)・劉琰伝』あり。

美貌の妻が早く帰ってこなかったばかりに……

父母ともに不詳。

劉琰は劉備(りゅうび)が豫州(よしゅう)にいたころ(どの時期を指しているのか不明)に召され「従事(じゅうじ)」となる。彼は劉備と同姓で風流なところがあり、談論も得意だったため親愛を得て厚遇された。こうして劉備に付き従い各地を巡ったが、いつも賓客としてそば近くにあったという。

214年、劉備が成都(せいと)で劉璋(りゅうしょう)を降した後、劉琰は「固陵太守(こりょうのたいしゅ)」に任ぜられる。

223年、劉禅(りゅうぜん)が帝位を継ぐと劉琰は「都郷侯(ときょうこう)」に封ぜられ、席次は李厳(りげん)の次位とされた。「衛尉(えいい)」「中軍師(ちゅうぐんし)」「後将軍(こうしょうぐん)」を歴任したあと「車騎将軍(しゃきしょうぐん)」に昇進。

だが劉琰は国政に関わらず、1千余人の兵士を配下に置き、丞相(じょうしょう)の諸葛亮(しょかつりょう)に随行し批評や議論をするだけだった。

また、車馬・衣服・飲食が奢侈(しゃし)なことでも知られ、彼に仕える数十人の侍婢(じひ)はみな歌や音楽をよくし、(王逸〈おういつ〉の)「魯霊光殿賦(ろのれいこうでんのふ)」を暗唱することができたという。

232年、劉琰は前軍師(ぜんぐんし)の魏延(ぎえん)と仲たがいし、でたらめを言ったため諸葛亮から問責される。それでもこのとき送った謝罪の手紙が認められ、成都に召し還されるだけで済み、官位を貶(おと)されることもなかった。ただ劉琰は志を失い、ぼんやりしていることが多くなった。

234年1月、劉琰の妻の胡氏(こし)が、呉太后(ごたいこう)への年賀のため参内する。ところが呉太后が特に彼女を気に入り留め置いたので、胡氏はひと月も経ってからようやく帰ってきた。

胡氏が美人だったこともあり、劉琰は妻が劉禅と私通したのではないかと疑い、吏卒を呼んで彼女を鞭(むち)打たせ、履物で顔をたたかせたうえ離縁した。

のちに胡氏が詳細を訴え出たところ劉琰は投獄され、市場において処刑された。この事件以降、大臣の妻や母が朝賀に参内する風習は絶えたという。

管理人「かぶらがわ」より

劉琰が劉備に仕え始めたのは190年代でしょうから、死去するまでに40年前後の長いキャリアがあったことになりますね。とはいえ、本伝で功績らしいことに触れられておらず、なぜ彼が要職を歴任できたのかよくわかりませんでした。妻の胡氏の一件については、きっかけを作った呉太后にも責任があると思います。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】