曹演(そうえん)

【姓名】 曹演(そうえん) 【あざな】 ?

【原籍】 沛国(はいこく)譙県(しょうけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

曹純(そうじゅん)の息子、平楽郷侯(へいらくきょうこう)

父は曹純だが、母は不詳。息子の曹亮(そうりょう)は跡継ぎ。

210年、曹演は曹純が死去したためその跡(高陵亭侯〈こうりょうていこう〉か?)を継いだ。

その後、領軍将軍(りょうぐんしょうぐん)まで昇り、正元(せいげん)年間(254~256年)には平楽郷侯に移封された。曹演が死去すると息子の曹亮が跡を継いだ。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。具体的な事績についての記事がなく、どのような人物だったのかはわかりませんでした。

『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・斉王紀〈せいおうぎ〉)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く王沈(おうしん)の『魏書』によると、254年9月に司馬師(しばし)が群臣と連名で郭太后(かくたいこう。明元郭皇后〈めいげんかくこうごう〉)に曹芳(そうほう)の廃位と斉国への帰藩を上奏した際、武衛将軍(ぶえいしょうぐん)・安寿亭侯(あんじゅていこう)として曹演の名が見えています。

曹純の跡を継いでから、当然ながら移封もあったようです。平楽郷侯に移封されたのは正元年間だとあるので、この上奏のあとのことと考えれば話は合いますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
魏の曹氏 人物データ
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました