曹初(そうしょ)

【姓名】 曹初(そうしょ) 【あざな】 ?

【原籍】 譙郡(しょうぐん)譙県(しょうけん)?

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

曹泰(そうたい)の息子

父は曹泰だが、母は不詳。曹仁(そうじん)は祖父。

曹初は曹泰が死去したためその跡(甯陵侯〈ねいりょうこう〉か?)を継いだ。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。具体的な事績についての記事がなく、どのような人物だったのかはわかりませんでした。曹泰の没年がわからないので、曹初が跡を継いだ年もはっきりしません。

『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・斉王紀〈せいおうぎ〉)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く王沈(おうしん)の『魏書』によると、254年9月に、司馬師(しばし)が群臣と連名で郭太后(かくたいこう。明元郭皇后〈めいげんかくこうごう〉)に曹芳(そうほう)の廃位と斉国への帰藩を上奏した際、越騎校尉(えっきこうい)・睢陽侯(すいようこう)として曹初の名が見えています。

ですが、これは『三国志集解(さんごくししっかい)』による推定だ、という訳者注(井波律子〈いなみ・りつこ〉氏)がありました。この越騎校尉・睢陽侯が曹初だとすれば、彼が生きた時代を少しはイメージできるのですけど……。
「魏の曹氏」収録人物一覧
魏(ぎ)の曹操(そうそう)を中心とした一族の関連記事のリストです。こちらから各人の個別記事がご覧いただけます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
魏の曹氏 人物データ
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント ※「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました